ライター育成のeラーニングプログラム「LETS 書き方e講座」

サンケイリビング新聞社 2014年06月12日

From PR TIMES

リビングくらしHOW研究所と株式会社 クラウドワークスが共同で利用促進を展開

株式会社リビングくらしHOW研究所(本社所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:内堀眞澄、以下「当社」)では、ライター育成のためのeラーニングプログラム「LETS 書き方e講座」のサービスを開始。
スタートにあたり、株式会社クラウドワークス(本社所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:吉田浩一郎)と業務提携し、スキルのあるライター育成を目指した共同プロジェクトを開始いたしました。



1.『LETS 書き方e講座』について
 当社が2007年から展開しているLETS(リビング・エディターズ・トレーニングシステム)は、生活情報紙を40年以上にわたって 
 発行しているリビング新聞グループのノウハウを活かしたライター・エディター養成スクールです。『LETS 書き方e講座』は、この
 スクールのエッセンスを盛り込みながらも、在宅で気軽に受講できるWEB完結型のeラーニングプログラムです。

 需要が高まっているWEBコンテンツ執筆業務の基礎について、入門編のSTEP1と初心者編のSTEP2の2部・全7章で構成。動  画とテキストを組み合わせた授業と理解度チェックテストを通じて、文章の構成や組み立て方からクライアントとの信頼関係の構 築方法まで、プロライターとしての基礎的なノウハウを効率よく習得することが可能です。

 ■『LETS 書き方e講座』
  クラウドライティング入門講座概要
  ・詳細ページURL   (リンク »)
  ・無料体験版 URL  (リンク »)
  ・受講費用  STEP1(全4章)=3,000円  STEP2(全3章)=2,800円
          理解度チェックテスト各ステップ1,000円 ※いずれも税込み

2.株式会社クラウドワークスとの共同プロジェクトについて
株式会社クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』( (リンク ») )の運営会社です。2012年のサービス開始以来、月間流通総額は20倍以上、会員登録も17万名を超え、拡大するクラウドソーシング市場でも際立った成長を遂げています。

市場拡大の中で記事執筆業務の受注も増加しており、スキルのあるライターのニーズが高まっています。また、子育て世代の女性やシニアの間でも、在宅でできる仕事として人気を集めています。
こうした背景をうけ当社では、『LETS 書き方e講座』の利用促進を同社と共同で展開することを決定いたしました。

株式会社クラウドワークスでは、17万人のクラウドワーカーに向けて同プログラムの受講を促進するとともに、修了・テスト合格したクラウドワーカーのプロフィールに合格証明のバッヂを表示。スキルを持ったライターを探すクライアントへのスキル証明の一つとして活用していきます。

リビング新聞グループでは以前から、主婦の再就職を支援しておりますが、この『LETS書き方e講座』は、その一環として主婦のスキルアップにも繋がるものです。
今後、リビング新聞グループの各種メディアとクラウドワークスとの双方を通じて、さらに多彩なプログラムを検討。女性の働き方の選択肢を広げる「クラウドワーキング」の可能性を拡大すべく取り組んでまいります。

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社リビングくらしHOW研究所
担当:西
TEL:03-5216-9420 /E-mail:elets@sankeiliving.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。