本格麻雀アプリ『麻雀 雷神 ‐Rising‐』が新たに「仮面ライダー」とコラボ! 『仮面ライダー麻雀バトル』の提供が決定!本日より事前登録開始!

株式会社エイチーム 2014年06月16日

From PR TIMES

株式会社エイチーム(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:林高生、以下エイチーム)は、累計600万ダウンロードを突破したiOS/Android(TM)向け麻雀アプリ『麻雀 雷神 -Rising-』にて、新モード『仮面ライダー麻雀バトル』の提供が決定しましたことをお知らせいたします。また、本モード公開に先駆けて6月16日より事前登録キャンペーンを開催いたします。



悪の組織と繰り広げられる壮絶な麻雀バトル!
必殺のライダーキックで世界の平和を取り戻せ!!

『仮面ライダー麻雀バトル』は、石ノ森章太郎氏原作の特撮ヒーロー番組「仮面ライダー」シリーズに登場するキャラクターや世界観を題材にした新モードとなります。プレイヤーは「仮面ライダー」に登場するキャラクターを使って、悪の組織の怪人たちと麻雀対局でバトルを繰り広げます。
世界の平和を取り戻すため、仮面ライダーの必殺技を繰り出しバトルに勝利しろ!


登録者が増えることで特典キャラクターが変わる!
『仮面ライダー麻雀バトル』の事前登録開始!

6月16日より『仮面ライダー麻雀バトル』の事前登録キャンペーンを開始いたします。事前登録いただいたお客様にはゲーム内で仲間として使用できるキャラクターをプレゼントいたします。なお、本キャンペーンでは事前登録者が増えることで特典キャラクターが変わります。達成報酬の第3段階まで到達するとレアリティSRの強力なキャラクター“仮面ライダーアマゾン”が手に入ります。さらにその上の特典キャラクターもございますので、友だちを誘ってみんなで強力なキャラクターを手に入れよう!

■事前登録キャンペーン概要
開催期間:2014年6月16日(月)~リリースまで
登録方法:キャンペーンページをご参照ください
キャンペーンページURL: (リンク »)
達成報酬
・第1段階 : “仮面ライダーライダーX”(レアリティ:N)
・第2段階 : “仮面ライダーストロンガー”(レアリティ:R)
・第3段階 : “仮面ライダーアマゾン”(レアリティ:SR)
・第4段階 : ???(シークレット)


今後ともさらに多くのお客様に楽しんでいただけるスマートフォンゲームを目指して参りますので、『麻雀 雷神 -Rising-』にご期待ください。

【麻雀 雷神 -Rising-について】
本アプリは、累計600万ダウンロードを超える本格3D麻雀ゲームです。3Dグラフィック、AIにこだわり実際に麻雀を打っているかのようなリアルさを基本無料でお楽しみいただけます。
「オンライン対局」、「オフライン対局」、オリジナルの「雷神バトル」など多彩なモードで麻雀対局を楽しむことができます。


【著作権表記】
(C)石森プロ・東映
(C)Ateam Inc. All Rights Reserved.

【アプリ概要】
タイトル:麻雀 雷神 -Rising-
対応機種:iPhone/iPad/iPod touch iOS4.3以上 Android 2.3以上
料金:基本無料(アイテム課金)
麻雀雷神公式サイト: (リンク »)
App Store: (リンク »)
Google Play(TM): (リンク »)
麻雀雷神公式Twitterアカウント: (リンク »)
麻雀雷神公式Facebookページ: (リンク »)

※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。
※画像はイメージです。実際のアプリとは異なる場合があります。
※キャンペーンの内容は予告なく変更になる場合がございます。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社エイチーム エンターテインメント事業本部 担当:木村
TEL:052-527-3082 FAX:052-527-3080 Mail:press@a-tm.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]