アドテク事業統合後のアドテク事業責任者について

株式会社アドクラウド 2014年08月08日

From PR TIMES

 株式会社アドクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤大樹/以下「アドクラウド」)は、2014年7月28日付取締役会において、アドテク事業統合後の事業推進役として元gumi執行役員 貝谷實榮氏を迎え入れることで合意しました。

 貝谷氏は、これまでにエフルート株式会社(現アクセルマーク株式会社)やベンチャー企業の中でも成長の著しい株式会社gumiの要職に就き、事業統括として国内外で様々な経験を積んできました。貝谷氏は、アドクラウドが統合アドプラットフォームで目指すソリューションの推進役として、また、今後もっとも力を注ぐプライベートDMP「KUDAN」の推進役として、アドテク事業の全般を担います。

 クオリティファーストを実現するプライベートDMP「KUDAN」は、2014年9月1日付で新規のサービスとして正式にリリースいたします。

◯株式会社アドクラウドについて
代表者 : 代表取締役社長 佐藤大樹
所在地 : 東京都渋谷区鶯谷町15-7 ライブリーYSビル2F
事業内容: アドプラットフォーム事業
(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]