編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

【FRONTIER】NVIDIA Quadro K620 デスクトップパソコン新発売

インバースネット株式会社

From: PR TIMES

2014-10-07 17:30

~ 3DCG、CAD、映像編集などの各種ソフトのご利用に最適 ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:関戸 光雄)(以下、当社)は、2014年10月7日(火)より、NVIDIA Quadro K620を搭載したデスクトップパソコン「MXシリーズ」の販売を開始いたします。



■製品の概要

このたび発表する新製品は、デジタルコンテンツ制作をはじめ、ビジュアライゼーションアプリケーションを強力にサポートする最新NVIDIA Quadro K620を搭載したマイクロタワーです。
インテル(R)H81マザーボードをベースに、第4世代「Haswell Refresh(開発コードネーム)」のインテル(R) Core(TM) i5-4460 プロセッサー(3.20GHz/6MB)、8GB メモリ、1TB HDDを搭載しています。マルチディスプレイに対応していますので、モニタを複数併用して、効率よく作業を進めていただけます。
予算や用途に応じて各種カスタマイズメニューもご用意しておりますので、お好きな構成をお選びください。


■製品の特長

<最新のNVIDIA Quadro K620搭載>
最新NVIDIA Quadro K620は、旧世代に比べて取り扱えるデータ・セットやデザインのサイズが最大で2倍になり、 アプリケーションの実行速度が、従来のQuadro搭載モデルに比べ、平均で40%高速です。

<リアルにせまる10億色の10bitカラー>
フルカラー(トゥルーカラー)を実現する約1677万色、各色(RGB)8bitカラーに対し、NVIDIA Quadroシリーズは、約10億6433万色、各色(RGB)が10bitカラーで高精度な画像処理、階調表現を可能にしました。10bitカラーに対応したアプリケーションでは、リアルで滑らかなグラデーションを実現し、クオリティの高いデータ加工・編集を行えます。

<3DCGや3DCADクリエイターに最適>
NVIDIA Quadro シリーズは、3DCG及び3DCADを専門としたクリエイティブユーザーに最適です。アプリケーションソフトウェアと統合されたドライバにより、余計なシステムクラッシュ等を防ぎ、クリエイティブアプリケーションの安定性をより強固にします。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( (リンク ») )にて、2014年10月7日(火)より販売を開始します。

▼Quadro搭載モデルはこちらから
(リンク »)


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 関戸 光雄(代表取締役)
■事業内容   : 自社製パーソナル・コンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品   : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]