編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

これなら続く!海外ビジネスに精通した3業種がタッグを組んで提供する、業界最安クラスの英会話Eラーニング 「PowerStudy(パワースタディ)」を 、11月11日(火)からスタート。

株式会社エクストラコミュニケーションズ

From: PR TIMES

2014-11-11 13:25

アジア進出と国際通販支援の株式会社エクストラコミュニケーションズ(本社 三重県津市)と、海外留学支援の海外留学株式会社(本社 名古屋市)、英語教育のPowerCommunication(本社 名古屋市)は、英会話Eラーニング「PowerStudy(パワースタディ)」を、2014年11月11日に開始します。



Eラーニングで成果を上げるためには、毎日の継続性がカギです。そのため、料金の安さと教材コンテンツの質と量にこだわっているのが、英会話EラーニングPowerStudyの最大の特長です。
また、企業や個人の英語教育に15年携わっている、PowerCommunication社、海外留学支援ビジネスの海外留学社、アジア進出支援のエクストラコミュニケーションズ社と、海外ビジネスに精通した3社が共同で運営することで、より実践的な内容を届けていきます。

【概 要】

■名 称:      英会話Eラーニング PowerStudy (パワースタディ)
■申し込先URL:   (リンク »)
■開始日:      2014 年11月11 日
■料金/お支払方法: 月額4,900円(税別)
          クレジットカードおよび銀行引き落とし(月次課金)

■PowerStudyの特長

1.月々料金は、業界最安クラスの4,900円(税別)。しかも、時間や学習量の制限なし
多くのEラーニングは、時間制限がありますが、PowerStudyは、どれだけ使っても料金は4,900円(税別)。11月11日現在、インタラクティブビデオ120本、エクササイズ教材1000以上が利用可能で、以後、各教材が毎週大量に追加されていきます。

2.スキマ時間を活用
学習教材は、それぞれ1分~10分程度にまとめられており、しかも、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットにも対応しているので、普段のちょっとした空き時間を有効に活用できます。

3.「グラマー重視」の他の教材とは違う、楽しく実践的なコミュニケーション教材
教材は、ビデオやアニメーションなどをふんだんに使い、ビジネスや旅行、日常生活などで起こり得る、「自然な会話」をネイティブが再現しています。また、地方の訛りなども取り入れ、本当に使える英語力を身につけます。

4.ネイティブ講師陣が教材を開発
日々教材開発に取り組むのは、アメリカ、オーストラリア、カナダなど、英語を母国語とする講師陣。英語が第二言語の国で学ぶよりも、はるかに実践的な内容を目指しています。

5.ビジネスにも、留学にも、就職にも
グローバルビジネスの波が中小企業や地方の飲食店などにも押し寄せている昨今、英語力はどの業種にも必要になってきます。また、学生の皆さんにとっては、言うまでもありません。英会話Eラーニング・PowerStudyは、ビジネス、旅行、留学など、様々な目的に合わせた教材を用意。それが随時大量に追加されていきます。

■サイト運営: 株式会社エクストラコミュニケーションズ( (リンク ») )
【お問い合わせ先】
株式会社エクストラコミュニケーションズ
三重県津市広明町418-1
PowerStudy担当:前野智純(まえのともずみ)
TEL: 059-221-5252
メールアドレス:inquiry@powerstudy.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]