編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「住」の未来構想メディア「THINK FUTURE」iOSアプリリリース- ベストセラーHACKS!シリーズ著者 小山龍介が共同編集長に就任

THE APP BASE株式会社

From: PR TIMES

2015-01-15 11:50

「21世紀を自由に、シンプルに生きる」をテーマに「住」の価値観をアップデート。更なる事業拡大へ

「住」の未来構想メディア「THINK FUTURE」iOSアプリリリース- ベストセラーHACKS!シリーズ著者 小山龍介が共同編集長に就任



【住】の未来を発見できる無料マガジンアプリ「THINK FUTURE」-【住】の未来構想マガジン-は、1月15日にiPhoneアプリをリリースいたしました。ダウンロードURL: (リンク »)

WEBサイト: (リンク »)


カフェで雑誌をめくるような感覚で【住】の未来を模索できるアプリ

【THINK FUTURE】は「すぐそこにある未来」を提供する存在でありたいと考えており、建築家や次世代のキーマンと「これからの住まいかたを考える」イベントの実施、ネイティブアド事業、スモールハウスに最適な不動産売買等も活動視野にいれています。

【アプリリリースに伴い共同編集長に小山龍介が就任】
著者・コンセプトクリエーターでありライフハックの草分け的存在である小山による「住」ライフハックの目線をいち早くシェアしていき、クリエイティブなオフィスの在り方や考え方なども提供します。


共同編集長 小山 龍介について
著者・コンセプトクリエーター。大手広告代理店勤務を経てサンダーバード国際経営大学院MBA取得。名古屋大学商科大学大学院 客員教授。
一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会 代表理事。
著書に「IDEA HACKS!」「TIME HACKS!」訳書に「ビジネスモデル・ジェネレーション」等


【THINK FUTURE】とは?

「21世紀を自由に、シンプルに生きる」をテーマに、世界中の「スモールハウス」や「常識に捉われない家」に特化した記事をシェア。
キュレーションだけに留まらずオリジナルコンテンツの発信等も行なう、「住」の価値観をアップデートするきっかけ作りを目的とするメディアです。

【想い】
私たちは、いくつもの災害を経験してきました。

奇しくも「住まい」「働き方」「生き方」等について「このままでいいのか?」と考える大きな契機となり、現在では自然エネルギーの普及やインターネットインフラが安定したことなどもあり、働く場所や住む場所の選択肢も増えました。

つまり35年ローンを組み返済に充てる人生が全てではなくなったのです。

「家が安くなりローンの負担が減ることによって人生のチョイスが増えるのではないか?」私たちはそう考えています。

既成概念に縛られた生き方から、本来の自分らしさに出会えるヒントが隠されているかも知れません。
ミニマリストの生き方を見ることにより、多様性のある生き方へとシフトチェンジする。

あなたらしい生き方、家とは何か?を考えるきっかけと出会えるでしょう。

THINK FUTURE は、『スモールハウス』と言う“小さな”テーマから、
テクノロジーと自然の共存、本来の人の生き方、家族・他者との繋がりなど、
壮大なテーマを考えるきっかけを発進していきます。


【アプリ(iOS)ダウンロード】
ダウンロードURL: (リンク »)
WEBサイト: (リンク »)

【会社概要】
THE APP BASE株式会社
■住所:〒399-0011 長野県伊那市西町4881-11 春日ビル3F
■設立:2012年7月
■資本金:5,335,000円
■代表者:代表取締役 佐藤 駿

【本件に関するお問い合わせ先】
THE APP BASE株式会社
■Website: (リンク »)
■E-mail:info@theappbase.com

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]