編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

【新サイトリリース】営業ならではのこだわりで、最新の求人を簡単に検索・比較できる!~営業求人の専門検索サイト『@type 営業の転職プラス』をリリース~

株式会社キャリアデザインセンター

From: PR TIMES

2015-01-27 12:00

株式会社キャリアデザインセンター(以下CDC、本社:東京都港区、代表取締役社長兼会長:多田弘實)が運営する総合転職サイト『@type』は、2015年1月26日(月)に『@type』の営業カテゴリを強化するとともに、営業パーソン向けの新サイトをリリース致しました。( (リンク ») )



[画像1: (リンク ») ]


■営業求人の専門検索サイト『@type 営業の転職プラス』の概要

『@type 営業の転職プラス』は、“営業”としてキャリアアップを目指している営業経験者向けに転職を支援するサイトです。営業スタイルや給与、業界など営業ならではのこだわり条件で、最新の営業求人を簡単に検索・比較できます。本サイトのリリースによって、転職を希望するより多くの営業パーソンに、『@type』ブランドの転職サービスをご利用いただけるようになります。結果、掲載企業各社への更なる応募者増加を実現し、採用成功に寄与して参ります。

■『@type 営業の転職プラス』の特徴

1.希望の明確度で選べる3つの検索方法
行きたい会社の希望条件の明確度によって、最適な検索方法を選べます。
(1)はっきり希望が決まっている方 →すべての検索条件から求人を探す。
(2)ある程度希望が決まっている方 →ジャンル・テーマから求人を絞り込んで探す。
(3)希望が決まっていない方 →簡単な質問に答えて求人を探す。

2.給与、勤務地、業界、営業スタイルでカンタンに求人比較
検索結果画面では、営業パーソンが特に気になる情報のみを表示。複数の求人を一覧比較するのに適したレイアウトにしています。

3.スマートフォンに最適化
外出先での情報収集が多い営業パーソンのために、スマートフォンで見やすいサイトです。

4.営業パーソン向けWebマガジンでユーザーを囲い込み
若手営業パーソンの獲得策として、
営業パーソン向けWebマガジン『営業type』( (リンク ») ) を同時リリースしました。

5.『@type』にご掲載いただくと、もれなく求人を同時掲載
『@type』と同じ求人内容を営業の転職プラスにも自動で掲載します。ご掲載料金は無料です。

■開発背景と目的
昨今、幅広い業種・業態の企業において営業職の採用ニーズが高まり(※)、それに伴い採用の難易度も上がってきています。CDCは今回、『@type』のフルリニューアルで営業求人の検索性を強化するとともに、営業求人の専門検索サイトを新たにリリースすることで、「営業職の転職なら@type」というブランディングを確立して参ります。これにより、コアターゲットである営業経験者を集客し、営業職を求める企業との質の高いマッチングを数多く実現致します。

[画像2: (リンク ») ]

※転職サイト『@type』の2014年12月の営業求人数前年比133%増加
(2013年12月平均272職種、 2014年12月平均363職種)

■本リリースに関連するサイト
●希望がハッキリしていなくても、営業ならではの条件で仕事が探せる転職サイト
[@type営業の転職プラス] (リンク »)
●「売る」だけじゃ生き残れない、営業マンのキャリア探究Webマガジン
[営業type] (リンク »)
●キャリアデザイン転職サイト[@type(アット・タイプ)]  (リンク »)


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]