米大手SEOコンサルティング会社「Bruce Clay」の日本法人ブルースクレイ・ジャパンがリスティング広告の電話効果測定ツール「CALL SCOPE(コールスコープ)」の提供を開始

Bruce Clay Japan 2015年02月17日

From PR TIMES

ブルースクレイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:天野 拓、以下ブルースクレイ・ジャパン)は、2015年2月17日より、リスティング広告の電話効果測定ツール「CALL SCOPE(コールスコープ)」の提供を開始致しました。



この度ブルースクレイ・ジャパンは電話を掛けてきたユーザーがどのキーワードで成約しているかわかるツール「CALL SCOPE(コールスコープ)」をリリース致しました。「CALL SCOPE(コールスコープ)」を利用することで、リスティング広告からの来訪者が、アクセスしてきたキーワードを計測できるようになります。
▼CALL SCOPE
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


ブルースクレイジャパンはSEO(検索エンジン最適化)業界の“始祖”であるアメリカの企業家Bruce Clayが創業した全世界に拠点を持つ「Bruce Clay, Inc.」の日本法人です。ブルースクレイ・ジャパンは日本国内に5名しかいないAdWordsトップレベルユーザーの一人が在籍しており、クライアントのビジネスそのものをWebに最適化するソリューションを提供しています。


<電話でのコンバージョンキーワードを特定>
リスティング広告の最適化を行っていて、常に運用者の頭を悩ませるのが「電話で成約に至ったユーザー」がどのキーワードで来訪したか特定できないことと言われています。電話での成約が不明確であるがために、成約に繋がっていた重要なキーワードの入札を弱めてしまったり、停止している可能性もあります。
当社のクライアントにおいても、電話からの集客を最適化するニーズが高まっており、このたび強い要望を受けて本サービスの提供を開始致しました。
[画像2: (リンク ») ]

<通話管理も充実の高機能>
通話ログを「CALL SCOPE(コールスコープ)」で管理することで、リアルタイムに架電状況が把握出来ます。また、通話が発生した場合には通話録音データが保存されるため、通話内容をマーケティングに反映させることが可能となります。

<電話番号そのままでもOK>
電話番号を変えたくないお客様には、ID番号を発行するラベル発行型のサービスも同時にリリース致します。
ラベル発行型のCALL SCOPEをご利用いただけば、電話番号を変更することなく、広告の出稿状況を把握することが可能となります。

「CALL SCOPE(コールスコープ)」は本当に価値のあるキーワードを見つけ、ウェブプロモーションの費用対効果の向上をお手伝いします。ブルースクレイ・ジャパンでは、今後もウェブプロモーションで有効なマーケティングツールを提供してまいります。

<会社概要>
商号:ブルースクレイ・ジャパン株式会社(Bruce Clay Japan, Inc.)
代表者:天野 拓
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 3-19-1 オミビル8F
設立:2008年5月2日
事業内容: Webマーケティング事業
インターネット広告事業
メディア事業
資本金:5,000万円
URL: (リンク »)
CALLSCOPE: (リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]