米国のパワーエレクトロニクス展示会「APEC 2015」にパナソニックのパワー半導体を展示~電力密度 30W/inch3を実現する400W電源デモボードを初出展

パナソニック 2015年03月05日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

パナソニック株式会社は2015年3月15日(日)~19日(木)までの5日間、アメリカ ノースカロライナ州 シャーロット市で開催されるパワーエレクトロニクスの展示会「APEC 2015」(The Applied Power Electronics Conference and Exposition 2015)にパワー半導体関連製品を出展します。皆さまのご来場をお待ちしています。

▼パナソニック 「APEC 2015」出展のご案内
(リンク »)
※会場にお越しになれない方も、上記ページから「APEC 2015」に出展のGaNとSiCをはじめとするパワーデバイス情報をご覧ください。

「APEC 2015」パナソニックブースでは、インバータや電源の小型化、安全性確保に貢献する、GaNパワーデバイス、展示会初出展の400W電源デモボード、SiCパワーデバイスを出展します。
特にGaNパワーデバイスを使用した400W電源デモボードは、PFC、LLC機能を内蔵し、電力密度は30W/inch3を実現。サーバーなどの電源で省スペース化に貢献します。

【APEC 2015 開催概要】
(リンク »)
■会期: 2015年3月15日(日)~19日(木)
■会場:シャーロットコンベンションセンター(米国ノースカロライナ州 シャーロット市)
■パナソニックブース: Booth 1501

【主な出展商品】
●GaN関連製品
・GaNパワーデバイス
・400W電源デモボード
・トーテムポールPFCボード
・LLCボード

●SiC関連製品
・SiCパワーデバイス
・SiCパワーモジュール

【パナソニックGaNパワーデバイスの特長】
サーバーなどのインバータや電源の安全性確保と連続安定動作に貢献する、ノーマリオフと電流コラプスフリーを実現しています。また、高速動作と高温での動作特性が良いという特長を持ち、高速動作による電力変換の効率向上と小型化を実現することが可能です。

【パナソニックSiCパワーデバイスの特長】
パナソニック独自のDioMOS構造により、電源やインバータに必要なダイオード機能とトランジスタ機能を1つのトランジスタで実現することで、チップ面積を半減することが可能です。
[画像2: (リンク ») ]

【商品に関するお問い合わせ】
パナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社
(リンク »)

▼パナソニック 「APEC 2015」出展のご案内
(リンク »)

【関連情報】
▼[プレスリリース] 耐圧600Vで連続安定動作可能なGaNパワートランジスタを開発(2013年3月19日)
(リンク »)
▼[プレスリリース] 小型 低損失のSiCパワーモジュールを共同開発(2015年3月4日)
(リンク »)
▼2014年5月に開催の欧州でのパワーエレクトロニクス展示会「PCIM 2014」の様子
(リンク »)
▼パナソニックセミコンダクターソリューションズ
(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]