お花見に行く人は8割以上。楽しみ方は「ゆっくり桜を鑑賞する」が6割強

株式会社ドゥ・ハウス 2015年03月31日

From PR TIMES

「お花見」に関する調査結果を発表

株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートASP』を利用し、全国の『モラタメ.net(R)』会員のうち20歳~69歳までの男女を対象に「お花見」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2015年3月20日(金)~3月21日(土)。有効回答は1,199人から得ました。



調査サマリ


お花見に行く人は8割以上。一緒に行くメンバーは、1位:家族、2位:友人・知人、3位:会社・仕事の同僚たち
お花見の楽しみ方は「ゆっくり桜を鑑賞する」が63.0%を占める
特に女性でその傾向が顕著
7割近くの人が「お花見をしながらの宴会をする」
お花見の好きなところは「桜がきれいだから」が最も多く、「お酒を飲めるから」は男性が女性を上回る傾向


お花見に行く人は8割以上。一緒に行くメンバーは、1位:家族、2位:友人・知人、3位:会社・仕事の同僚たち
お花見について、「行く」と回答した人は8割以上となり、お花見を一緒に行くメンバーは、1位「家族(55.1%)」、2位「友人・知人(31.9%)」、3位「会社・仕事の同僚たち(16.0%)」という結果となりました。(図1)
[画像1: (リンク ») ]


お花見の楽しみ方は「ゆっくり桜を鑑賞する」が63.0%を占める
特に女性でその傾向が顕著
お花見の楽しみ方について「ゆっくり桜を鑑賞する」、「お酒を飲みながら宴会をする」のどちらが好きか聞いたところ「ゆっくり桜を鑑賞する」の方が多く、63.0%という結果となりました。(図2)

男女別で見ると、女性は「ゆっくり桜を鑑賞する」が71.4%、「お酒を飲みながら宴会をする」が28.6%と、40ポイント以上もの差がみられました。男性も「ゆっくり桜を鑑賞する(55.9%)」が「お酒を飲みながら宴会をする(44.1%)」を上回っていましたが、女性ほどの差はありませんでした。
[画像2: (リンク ») ]


7割近くの人が「お花見をしながらの宴会をする」
お花見をしながら宴会をするかを聞いたところ、7割近くの人が「お花見をしながらの宴会をする」と回答しました。そのうちシーズンに楽しむ宴会の回数は「1回」が6割を占め、「2回以上楽しむ」という回答は4割程度となりました。(図3)
[画像3: (リンク ») ]



お花見の好きなところは「桜がきれいだから」が最も多く、「お酒を飲めるから」は男性が女性を上回る傾向
お花見の好きなところは「桜がきれいだから(78.3%)」が最も多く、次いで「春を実感できるから(60.5%)」、「友人や仲間と集まる良い機会だから(28.2%)」となりました。(図4)

男女別で見ると、男性は「お酒を飲めるから」が22.8%に対し、女性は9.3%と差が大きく、男性にとっては「お酒を飲める」ことがお花見の楽しみの要素になっていることがうかがえました。
[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ドゥ・ハウスの関連情報

株式会社ドゥ・ハウス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。