日本での旅を安心・安全・快適に!ヤマト運輸の15店舗が国土交通省 観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けました

ヤマト運輸株式会社 2015年07月28日

From PR TIMES

~外国語対応スタッフが訪日外国人の快適な旅をサポートします~

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾 裕、以下ヤマト運輸)の15店舗が、国土交通省 観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受け、本日7月28日から「手ぶら観光」共通ロゴマークを店頭表示します。



1. 背景
 訪日外国人は2014年に累計で1,300万人に達し、増加の一途をたどっています。国土交通省 観光庁の「訪日外国人の消費動向(平成26年 年次報告書)」によると、訪日外国人の約6割が団体ツアーではなく、個別手配であり、自ら大きな荷物を持って日本国内を移動しているのが現状です。また、日本の宅配運送サービスを利用し、手ぶらで観光を楽しみたいという訪日外国人が多い一方で、「サービス内容を知らない」や「外国語対応が不十分」などの声も多く、利用促進のために認知度向上や外国語対応などが課題でした。
 ヤマト運輸は、全国約50ヵ所の店舗で手荷物のお預かりや宿泊先などへの配送サービスをご提供し、手ぶらで観光やショッピングを楽しめるおもてなしサービスを提供しております。このたび、受付窓口での英語対応や手荷物のお預かりなど認定条件を満たしたヤマト運輸の15店舗が、国土交通省 観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けました。

2. 観光庁認定の「手ぶら観光」共通ロゴマークについて
 本日7月28日から、観光庁認定の「手ぶら観光」共通ロゴマークをヤマト運輸が運営する15店舗に表示し、訪日外国人が安心して、手荷物のお預かりや宅急便のサービスをご利用できるようにします。[画像1: (リンク ») ]

 認定店舗および観光を支援する店舗について、7月28日よりヤマト運輸のコーポレートサイトに掲載いたします。スマートフォンサイトも8月下旬に公開予定です

日本語: (リンク »)
英語 : (リンク »)

3. 今後の展開について
 全国の空港・駅および地域の観光協会と連携し、観光庁認定の「手ぶら観光」のサービス拠点をさらに増やし、訪日外国人の利便性向上をさせ、観光立国の推進に寄与してまいります。

4. 観光庁認定の店舗について
◆認定店舗の一覧                               (平成27年7月28日現在)
[画像2: (リンク ») ]




※中部国際空港内の受付窓口は、2階到着ロビーに2つ、3階出発ロビーに2つあり、認定店舗は計15店舗になります。

【中部国際空港内のTourist Information & Service】[画像3: (リンク ») ]

【JR難波駅直結のクロネコヤマトO-CATセンター】
[画像4: (リンク ») ]



◆サービス内容
[画像5: (リンク ») ]

【お問合せ先】
一般のお客さま サービスセンターフリーダイヤル0120-01-9625(英語0120-17-9625・中国語0120-22-9625)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]