【リリース記念セール予告付き】【プレスリリース】iOS用多機能ボイスレコーダーアプリ「Rynx.」登場

ICT Fractal Inc. 2015年08月15日

From PR TIMES

普通のボイスメモアプリでは物足りない方へ。贅沢な機能を多数盛り込んだボイスレコーダーアプリRynx.(リンクス)がリリースされました。

株式会社ICT Fractalから、iOS用多機能ボイスレコーダーアプリ「Rynx.」(リンクス)が8月10日にリリースされました。

リリース記念セール予告:
2015年8月25日(金) 0:00~2015年8月27(日) 23:59
リリース記念として価格が ¥1,600 → ¥720 となります。
ぜひこの期間中にお買い求めくださいませ。



ボイスメモで録音中、ふと「ここは動画で記録したいな。」とか「ここでメモを入力できたらな。」など感じたことはないでしょうか。
株式会社ICT Fractalは、このような録音中に起こりうるすべての要求に応えるべくRynx.を開発しました。

[画像1: (リンク ») ]



Rynx.は画像やメモなど様々な付加情報を関連付けて記録することができるiOS用ボイスレコーダーアプリです。
通常のボイスメモで録音しながら写真を撮影したり、あるいはメモを取ることはもちろん可能です。
しかしそれぞれのデータはまったく関連性を持たず、録音時間のどこに写真を入れていたのか後で思い返すことは困難です。
Rynx.ではすべてのデータが音声データに紐付いており、どの時間に何を記録したかを完全に再現することが可能です。
特に次のようなケースで威力を発揮します。

会議やセミナーを録音し、プロジェクター画面を動画や写真に残す
英語の発音を録音し、問題のある箇所にハイライトやメモを残す
バードウォッチングで録音しながら歩き、鳥の鳴き声がした地点までのルートを表示する
長時間録音しながら旅行し、景色や思い出をその都度動画に残す
写真や動画の混在した録音データを1つの動画にまとめ、youtubeなどにアップロードする


Rynx.の特徴

1. 見える録音・再生
Rynx.は録音中マイクから得た音をリアルタイムに波形表示します。
音が正しく拾えているか、あるいはどの時間に音が含まれているか一目瞭然。
どれだけ長時間の録音でも、波形が画面に収まるまで縮小表示可能です。
[画像2: (リンク ») ]



2. ムービー・写真撮影
必要になった時、必要な分だけ動画や静止画を記録することができます。
ムービーのみで記録した場合と比べ、iPhoneの空き容量への負担を大幅に軽減します。
撮影したムービーや写真は、再生時適切なタイミングで表示されます。

3. メモ
波形の好きな箇所にメモを作ることができます。
その他プロジェクトやハイライトにメモを残すことも可能です。
メモは全画面表示で閲覧や編集を行えるため、長文でも読み取りやすい作りになっています。
[画像3: (リンク ») ]



4. ハイライト
重要な箇所に色をつけて目立たせることができます。
Rynx.においてハイライトとは目立つだけの存在ではありません。
ハイライトされている範囲をループ再生・ハイライトの範囲でトリミングするなど、二次的な活用が可能です。
[画像4: (リンク ») ]



5. ロケーションの追跡
録音中ロケーションを継続的に監視し、最終的に録音ルートをマップに表示します。
ある録音地点から頭出しを行ったり、録音地点へのルート案内機能を持っています。
[画像5: (リンク ») ]



6. イベントテーブル
メモやハイライト、動画や写真など記録中のイベントを一覧表示する機能です。
フィルター機能により大量のイベントから目的のイベントを容易に見つけることができます。

7. 小さな音にも対応
マイクからの入力倍率を上げることで、小さな音も最大10倍の音量で録音することができます。
入力倍率の設定画面では入力状況をリアルタイムに波形表示しますので、最も適した倍率を容易に見つけることができます。
[画像6: (リンク ») ]



8. 強力なトリミング機能
シームレスに波形のトリミング(選択範囲を消す、選択範囲を残す)を行うことができます。
また動画の再生範囲のみ、ハイライトの範囲内のみといったトリミング方法も用意されています。
[画像7: (リンク ») ]



9. 明快なプロジェクト管理
録音データはプロジェクトという単位で管理されます。
プロジェクトをグループに割り当てることで、迷うことなく目的のプロジェクトを再生できます。
[画像8: (リンク ») ]



10. 便利なシェア機能
他の方にプロジェクトをそのまま渡したい。
Rynx.を持っていなくても閲覧可能なデータで渡したい。
プロジェクトを1つのムービーとして再構成し、シェアしたい。
Rynx.はこれらの要求に応えます。
Rynx.をお持ちの方にはRynx.プロジェクトファイルを渡すことで、すべてのデータを完全に再現します。
プレーンデータを渡すことで、jpegやmp4といった一般的なフォーマットで閲覧することができます。
ムービーの作成ではプロジェクト内の音、写真、ムービーを1つのムービーとして再構成します。
画像がない時間もRynx.が作り出した波形を表示し飽きさせません。
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]



11. 全画面サイズに対応
Rynx.はiPhone4S以降のすべての画面サイズに最適化されています。

12. バックグラウンド録音対応
バックグラウンド中の録音にももちろん対応しています。
録音しながらニュースアプリを開いたり、バッテリーを節約するためスリープさせたり。
デバイスの資源を無駄にしません。


Rynx. 動作要件
対応OS:iOS8.0~
対応デバイス:iPhone4S以降、iPad2以降

Rynx.公式サイト
(リンク »)

Rynx.ダウンロード
(リンク »)
価格:¥1,600(2015/08/15時点)
リリース記念セール:
2015年8月25日(金) 0:00~2015年8月27(日) 23:59
¥1,600 → ¥720

Rynx.紹介動画

[動画: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]