編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

日本株最大レバレッジファンドが登場!「楽天日本株4.3倍ブル」取扱い開始

楽天証券

From: PR TIMES

2015-10-02 16:00

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、楽天投信投資顧問株式会社が2015年10月7日(水)に設定する「楽天日本株4.3倍ブル」および「楽天日本株トリプル・ベアIII」の取扱いを開始します。



「楽天日本株4.3倍ブル」は、騰落率が日経平均の4.3倍程度となることを目指して運用を行い、現在、日本国内で運用されている日本株ブルベアファンドの中で最大レベルのレバレッジ(倍率)となっています。「楽天日本株トリプル・ベアIII」は、「楽天日本株トリプル・ベアII」の後継ファンドとして設定され、騰落率が日経平均のマイナス3倍程度となることを目指して運用を行います。

「より高いレバレッジで収益の拡大を狙いたい」、「下げ相場の時、保有している株式や投資信託の価格下落リスクを回避したい」、「上昇相場だけでなく、下げ相場でも収益を狙いたい」方におすすめの商品となります。

今後も楽天証券では、個人投資家の多様な投資ニーズに対応すべく、商品ラインナップの強化、サービスの向上を加速させてまいります。

■投信信託2本の概要は以下の通りです。


[画像: (リンク ») ]

(備考)当ファンドは、わが国の株価指数を対象とした先物取引(以下「株価指数先物取引」といいます。)を積極的に活用することで、日々の基準価額の値動きがわが国の株式市場の値動きに対して概ね4.3倍程度あるいは概ねマイナス3倍程度となることを目指して運用を行います。具体的には、日経平均先物取引を利用する予定です。当ファンドの資金動向、市況動向等によっては、また、やむを得ない事情が発生した場合には、このような運用ができないことがあります。
以上

【手数料等およびリスクの説明について】

楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。


商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]