『MFクラウド消込』と『SVF Cloud』『MotionBoard Cloud』がシステム連携

株式会社マネーフォワード 2015年10月07日

From PR TIMES

~マネーフォワード、ウイングアーク1stのクラウドシステムでキャッシュフロー分析を楽に~

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下マネーフォワード)の『MFクラウド消込』と、ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO 内野弘幸、以下ウイングアーク1st)の帳票クラウドサービス『SVF Cloud』とBIクラウドサービス『MotionBoard Cloud』が、キャッシュフローの見える化を実現するため、システム連携を開始いたします。今後、両社の連携で、より利便性の高いクラウドシステムの提供を目指します。



[画像: (リンク ») ]

         『MFクラウド消込』『SVF Cloud』『MotionBoard Cloud』連携イメージ

ウイングアーク1stが提供する『SVF Cloud』は、既に利用しているエクセルやPDFを再利用して帳票を簡単に作成でき、紙をはじめPDF・Excelといった電子データでの帳票出力ができるクラウドサービスです。また『MotionBoard Cloud』は、専門知識を必要とせずに、誰でも見たいと思う情報を可視化できるクラウド型BIダッシュボードです。

『MFクラウド消込』は、全国の金融機関から入金データを自動取得可能であり、請求情報と入金情報の照合作業(消込作業)を自動消込し、さらに自動学習機能で照合率を高めることにより、入金消込に関する作業時間を約80%削減することができます。

今回のシステム連携では、『SVF Cloud』で請求書を作成すると『MFクラウド消込』の入金予定が自動作成され、金融機関から取得した入金情報と自動消込を行います。この情報を『MotionBoard Cloud』に自動連携する事により、入金情報や請求情報、消込結果を『MotionBoard Cloud』上で簡単に分析できるようになります。

今後は、共同セミナー開催等のプロモーションや、企業がより快適にクラウド活用に取り組めるような機能開発等を共同で検討することで、より利便性の高いクラウドシステムの提供を目指します。

◆◇ウイングアーク1stの『SVF Cloud』『MotionBoard Cloud』の概要◇◆
「SVF Cloud」は、PDFやExcelなどの帳票を再利用するほかに、テンプレートを利用して簡単に帳票を作成できます。また、帳票出力も要件にあわせ、紙・PDF・Excel、FAXやファイル配信にも対応し、運用ニーズに合わせた出力コントロールを実現します。
SVF Cloud: (リンク »)

「MotionBoard Cloud」は、企業をとりまくさまざまなデータを価値ある情報に変える、表現力と分析力を兼ね備えたクラウド型の情報活用ダッシュボードです。
MotionBoard Cloud: (リンク »)

◆◇『MFクラウド消込』の概要◇◆
β版提供開始日:2015年4月23日
正式版提供開始日:2015年8月6日
特徴:
1)銀行入出金データの自動取得、請求書のステータスの自動更新に対応(国内初)
2)入金確認作業を自動学習。使えば使うほど入金確認が簡単に
3)独自のマッチングアルゴリズムで高い照合率を実現
4)クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計・確定申告』との連携で入金仕訳まで全自動化(近日公開予定)
5)みずほ銀行の提供する入金管理サービス「ベストレシーバー」との連携
URL: (リンク »)

■ 株式会社マネーフォワードについて
2012年5月の設立以来、家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス
『マネーフォワード』
 WEB     (リンク »)
 iPhone,iPad  (リンク »)
 Android    (リンク »)
・クラウド型会計ソフト
『MFクラウド確定申告』 (リンク »)
『MFクラウド会計』   (リンク »)
・クラウド型請求書一括管理ソフト
『MFクラウド請求書』  (リンク »)
・クラウド型給与計算ソフト
『MFクラウド給与』(β版)  (リンク »)
・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア
『マネトク!』  (リンク »)
・『マネーフォワードFintech研究所』
「Fintech研究会』の開催、基礎的な資料・調査の公表、Fintechニュースレターの配信など
(リンク »)

≪主な受賞歴≫
2014年1月ケネディ駐日米大使より「将来を担う起業家」として米国大使館賞受賞。
同年2月ジャパンベンチャーアワード2014にて「起業を目指す者の模範」としてJVA審査委員長賞受賞。
同年3月電通国際情報サービス主催の金融イノベーションカンファレンスFIBC2014にて優勝、大賞を受賞。
同年10月「マネーフォワード」と「MFクラウドシリーズ」でグッドデザイン賞をW受賞。
同年12月NTTデータ主催ビジネスコンテスト「豊洲の港から」で最優秀賞受賞。

■ ウイングアーク1st株式会社について
帳票基盤ソリューション「SVF」 をはじめ、集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」ならびに情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を提供し、企業の価値を高める情報活用の実現をご提案しています。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]