住宅・不動産専門サイト「O-uccino(オウチーノ)」「モデルハウス見学が可能な新築一戸建て」特集をリリース

株式会社オウチーノ 2015年10月09日

From PR TIMES

住宅・不動産専門サイト「O-uccino(オウチーノ)」を運営する株式会社オウチーノ(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:井端純一/証券コード:6084)は、2015年10月9日(金)、「モデルハウス見学が可能な新築一戸建て」特集をリリースしました。モデルハウスを実際に見学すると、購入後の暮らしを具体的にイメージすることができます。さらに間取り図やパンフレットだけでは分からない、こだわりのポイントにも気付けるかもしれません。そこで当特集では、モデルハウス見学が可能な新築一戸建てをピックアップしました。



「モデルハウス見学が可能な新築一戸建て」特集
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]


モデルハウス見学が可能な新築一戸建てをピックアップ

住宅は家族の夢がたっぷり詰め込まれた場所。しかし、初めての住宅購入はイメージしにくいものです。そこでおすすめなのがモデルハウス見学。実際に建設された物件を見学すると、パンフレットだけでは分からない設備の仕様から眺望や日当たりまで細かくチェックすることができ、新しい生活を具体的にイメージすることができます。


[画像2: (リンク ») ]



モデルハウス見学のポイント

住む前と住んだ後のギャップを少なくするためにモデルルームを見学する時にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。住み始めてから後悔しないためのポイントを紹介します。

1. 見たい!聞きたい!を事前に決めておく
なんとなく見て回るのではなく、「ここは絶対に見たい」や「ここは尋ねておきたい」という目的を決めて見学すると、より充実した見学になります。

2. 交通アクセスと周辺環境をチェック
「駅徒歩5分」と謳われていても、坂道や歩道橋があると、実際はもっとかかる場合があります。周辺環境についても、必要なものが揃っているか現地周辺を散策しながら調べると良いでしょう。

3. 見て触れて五感をフル活用
可能な限り自分の目で見て触れてみましょう。クローゼットや間仕切りの扉は自分の手で開け閉めしてみるなど、使い勝手を体感することが大事です。使用時をイメージしてトイレや洗面室・浴室に入ってみたり、家事を想定してキッチンにたってみたり、実生活を意識して確かめるのがポイントです。

【モデルハウス見学が可能な新築一戸建て】
(リンク »)

【おウチのことなら、オウチーノ】
(リンク »)

【物件データ提供元 ポラスグループ 株式会社中央住宅】
(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。