NTTデータと共同検討、ネットバンキングAPI連携サービスを本年度中に利用開始

株式会社マネーフォワード 2015年10月22日

From PR TIMES

~マネーフォワード「Open Bank API」第2弾、金融機関情報自動取得がよりセキュアに~

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下当社)は、株式会社NTTデータ(代表取締役社長:岩本 敏男、本社:東京都江東区、以下:NTTデータ)と共同検討した、個人向けインターネットバンキングサービス『AnserParaSOL(R)』をセキュアに接続するAPI連携サービスが、本年度中にNTTデータより提供されることをお知らせいたします。これにより、当社が提供する自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』とクラウド型会計ソフト『MFクラウド会計・確定申告』の両サービスのユーザーの皆様には、残高や入出金情報のインターネットバンキングからの自動取得をよりセキュアに安心・便利に行っていただくことが可能になります。当社がこのようなセキュリティを担保しながらユーザーに新しい金融サービスを提供する「Open Bank API」を利用するのは住信SBIネット銀行に続き、第2弾となります。



[画像: (リンク ») ]

 2014年12月8日に開催された、NTTデータの主催するビジネスコンテスト「豊洲の港から presents オープンイノベーションコンテスト」にて、マネーフォワードが最優秀賞を受賞したことをきっかけに、当API連携サービスの共同検討にいたりました。ビジネスコンテスト後、NTTデータ内で銀行API促進プロジェクトが立ち上がり、『AnserParaSOL(R)』上でインターネットバンキングAPIを提供することを実現しました。

 当社が提供する『マネーフォワード』は、銀行やクレジットカードなどの2,500以上の金融関連サービスの入出金情報を自動で取得し、記録する家計簿サービスです。また、クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計・確定申告』は、銀行の法人口座も含む3,500以上の金融関連サービスから取引情報を自動取得し、会計帳簿にリアルタイムに記録するクラウド型の会計サービスです。今回、NTTデータの提供するインターネットバンキングAPI連携サービスを用いることで、よりセキュアで安心・安全なデータ連携を行うことが可能になります。さらに、将来的に認証APIを利用することで、金融機関が提供するスマートフォンアプリと『マネーフォワード』のシームレスな連携が可能になります。

 今後も、「Open Bank API」をはじめ、Fintech分野でのイノベーションを積極的に進め、金融機関利用者の利便性を上げるサービスを提供してまいります。

◆◇ネットバンキングをセキュアに繋ぐAPI連携サービスの概要◇◆
第一弾として、「AnserParaSOL(R)」の機能追加を行い、Fintechサービス向けに、照会系業務に限定したAPI提供を行います。続く第二弾として、NTTデータが提供する共同利用型の法人向けインターネットバンキングサービス「AnserBizSOL(R)」でのAPI提供も検討しています。

API連携の実現によって、利用者はインターネットバンキング上で、自身の銀行取引データを連携するFintechサービスの銘柄や、情報連携範囲を指定できるようになり、当該認可情報に基づき、インターネットバンキングからFintechサービスへの情報連携が行われます。

利用者は、自身のインターネットバンキングのIDとパスワードをFintechサービスに事前登録することなく、セキュアに銀行取引データを自動取得することが可能となりました。また、インターネットバンキングの画面変更の影響も受けなくなることから、銀行取引データを取得できなくなる問題も解消され、利便性が向上いたします。

◆◇「Open Bank API」の概要◇◆
銀行が保有している顧客の資産残高情報や入出金履歴情報を、銀行と顧客の同意の元に銀行外のサービスで利用できるようにする仕組みです。これにより、顧客は、セキュアに低コストで、正確なデータを銀行外のサービスで利用することができます。IT産業においてデータ活用が標準化されるだけでなく、銀行自身もプラットフォームになることができます。このような取り組みは海外でもまだ数行しか事例がなく、世界的にみても先進的な取り組みです。

当社は、高いセキュリティと正確なデータを担保しながら安心して『マネーフォワード』、『MFクラウド』シリーズをご利用いただける社会の実現を目指し、「Open Bank API」を推し進めてまいります。将来的には、401kの申込代理やリアルタイム融資、住宅ローンの借り換えなど、未来の課題解決のためのソリューション提供も予定しております。

◆◇自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』の概要◇◆
 銀行や証券口座、クレジットカードなどから自動で入出金情報を取得、現金で支払ったものはレシートを撮影するだけで記録する自動家計簿・資産管理サービスです。2015年3月に実施した当社のアンケートでは、『マネーフォワード』を利用し、リアルタイムに総資産額が見えることで、平均月11,642円の収支改善ができると評価されています。
URL: (リンク »)
CMギャラリー: (リンク »)

◆◇クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計・確定申告』の概要◇◆
『テクノロジーの力で、楽に、簡単に、しかも安く』というコンセプトで設計された会計ソフトです。銀行やクレジットカード等2,100以上の金融関連サービスから取引情報を自動取得と、仕訳ルールの自動学習機能により、入力の手間を大幅に削減しています。クラウドなので、OSを問わず利用でき、バックアップも万全、アップデート作業も不要、複数名でリアルタイムに共有できるので、社員感や社外の税理士とのコミュニケーションも簡単にできます。
URL: (リンク »)
価 格:初期費用 無料
    月額費用 個人事業主向け:無料(プレミアム会員800円)、法人向け:1,800円

■株式会社マネーフォワードについて
マネーフォワードは、個人・法人向けにお金に関する課題を解決するプラットフォームを提供しています。2012年5月に設立以来、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」やビジネス向けクラウドサービス「MFクラウド」シリーズ、お金に関するウェブメディアなどを展開しており、国内No1のFintechベンチャーとして注目いただいています。
≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス
『マネーフォワード』  (リンク ») (Web, iPhone, Android, iPad)
・ビジネス向けクラウドサービス
『MFクラウド確定申告』  (リンク »)
『MFクラウド会計』    (リンク »)
『MFクラウド請求書』   (リンク »)
『MFクラウド給与』    (リンク »)
『MFクラウド消込』    (リンク »)
『MFクラウドマイナンバー』  (リンク »)
・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア
『マネトク!』      (リンク »)
・マネーフォワードFintech研究所(メールマガジン登録)  (リンク »)

≪主な受賞歴≫
2014年1月ケネディ駐日米大使より「将来を担う起業家」として米国大使館賞受賞。
同年2月ジャパンベンチャーアワード2014にて「起業を目指す者の模範」としてJVA審査委員長賞受賞。
同年3月電通国際情報サービス主催の金融イノベーションカンファレンスFIBC2014にて優勝、大賞を受賞。
同年10月「マネーフォワード」と「MFクラウドシリーズ」でグッドデザイン賞をW受賞。
同年12月NTTデータ主催ビジネスコンテスト「豊洲の港から」で最優秀賞受賞。
利用者は、自身のインターネットバンキングのIDとパスワードをFintechサービスに事前登録することなく、セキュアに銀行取引データを自動取得することが可能となりました。また、インターネットバンキングの画面変更の影響も受けなくなることから、銀行取引データを取得できなくなる問題も解消され、利便性が向上いたします。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]