『バリスタ』という職業をご存知でしょうか?-12月実施分コーヒーアドバイザー・カフェマイスター認定試験の受験申込受付中!-

株式会社新生技術開発研究所 2015年11月02日

From PR TIMES

コーヒーのスペシャリストです。カフェやバールでコーヒーを提供するのがバリスタです。

弁護士、司法書士、医者、看護師など法律や医療のスペシャリストがいるように、コーヒーのスペシャリストも存在します。
そんなコーヒーのスペシャリストを目指してみませんか?



コーヒーブームはまだまだ続きます

[画像1: (リンク ») ]



シアトル系コーヒーが日本に入ってきて随分と年月が過ぎました。

それでもコーヒーブームは続いています。
最近話題に挙がったのが鳥取県にスターバックスが進出してきたこと。
これを機にさらにコーヒーに注目が集まり、各社オリジナルのメニューを次々と考案しています。


『バリスタ』とはどんな人?

コーヒーに注目が集まる中、黙々とコーヒーを提供し続けているのが『バリスタ』と呼ばれる方々。
この方たちはコーヒーのスペシャリストです。
『バリスタ』と聞くと、どうしても「ミルクを使ってラテアートを楽しませてくれる人」というイメージが強いですが、そればかりが仕事ではありません。
[画像2: (リンク ») ]



彼らはコーヒーのスペシャリストと呼ばれるだけあって、豆の種類や焙煎方法、ブレンドの仕方など、コーヒーのありとあらゆる知識と技術を身に付けています。
お客様の好みに合わせて、最高のコーヒーを提供するのが彼らの仕事です。


『バリスタ』と呼ばれてみたくないですか?

コーヒー好きの人はたくさんいると思います。コーヒーが好きで、独学で勉強。最初は趣味だったけれど、いずれは喫茶店、カフェを開きたいとお考えの方も少なくないと思います。
そんな方なら『バリスタ』と呼ばれることに憧れを抱かないはずがありません。

それでは、『バリスタ』になるには一体どうしたらいいのでしょうか。

バリスタになるには特に必要な資格はありません。
カフェやレストランなどで働き、そこで知識や技術を学ぶ。いわゆるOJTです。

その他、専門学校や通信講座を利用して知識を身に付ける方法があります。

いづれにしても、学び方は様々ですが高度な知識と技術が必要になります。
また、資格は不要でも就職活動等で、しっかりと学んだという証明があると有利に働くことがあります。
そんな時にお勧めなのが日本安全食料料理協会主催の『コーヒーアドバイザー資格』『カフェマイスター資格』です。
こういった民間資格を取得しておけば、履歴書を見た段階で知識があると判断され『バリスタ』への道に一歩近づくのではないでしょうか。


【バリスタに関する情報のご案内】
なりたい職業.com( (リンク ») )の「バリスタ」( (リンク ») )をご参考ください。


【資格取得の認定試験のお知らせ】
バリスタとして活躍したい方にピッタリ!在宅受験で資格取得を目指せます。
平成27年12月実施の試験のお申込み締め切りが迫っています。是非、資格取得にご受験ください。


コーヒーアドバイザー認定試験( (リンク ») )
平成27年12月実施試験
受験申込期間 平成27年11月1日~11月30日
解答用紙発送日 随時
試験期間 平成27年12月20日~25日
答案提出期限 平成27年12月30日必着
合否通知発送日 平成28年1月20日




カフェマイスター認定試験( (リンク ») )
平成27年12月実施試験
受験申込期間 平成27年11月1日~11月30日
解答用紙発送日 随時
試験期間 平成27年12月20日~25日
答案提出期限 平成27年12月30日必着
合否通知発送日 平成28年1月20日


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]