「大規模分譲地の新築一戸建て」特集をリリース

株式会社オウチーノ 2015年11月16日

From PR TIMES

住宅・不動産専門サイト「O-uccino(オウチーノ)」を運営する株式会社オウチーノ(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:井端純一/証券コード:6084)は、2015年11月16日(月)、「大規模分譲地の新築一戸建て」特集をリリースしました。大規模分譲地の新築一戸建てのメリットは、美しい街並みや街全体でのセキュリティ対策、住人同士のコミュニティ形成のしやすさなどが挙げられます。その豊富なメリットがあると、住みやすさだけではなく、資産価値も期待できるでしょう。今回、当特集では、総15区画以上の大規模分譲地の新築一戸建てをピックアップしました。



「大規模分譲地の新築一戸建て」特集
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]



コミュニティが築きやすい環境

大規模分譲地の特徴は、ほぼ同時期に入居し、ライフスタイルや家族構成、価値観が近いことが多く、コミュニティが築きやすいことでしょう。計画的に美しく整備された環境のなか、歩道や公園もあり、自然と外に出る機会が増え、年齢の近い子供やママ友と出会うチャンスも多くなります。子育てや学校、病院やショッピングに至るまで、さまざまな情報交換もでき、充実したコミュニティライフが築けることでしょう。

資産価値が高いのも魅力

大規模開発は資金力が必要なので、それを手がけるのは大手不動産会社や住宅メーカー、地域の有力企業などが中心になるケースが多いです。美しい街並みの住まいは、資産としての価値が高く、もし売却することになっても、スムーズに売却できる可能性が高いでしょう。

[画像2: (リンク ») ]


【大規模分譲地の新築一戸建て特集】
(リンク »)

【おウチのことなら、オウチーノ】
(リンク »)

【物件データ提供元 ポラスグループ 株式会社中央住宅】
(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]