ジーニー、Geniee DMP for Appをadjust社の効果測定ツールと接続開始~「Geniee DMP」でのリテンション広告効果の向上~

株式会社ジーニー 2015年12月24日

From PR TIMES



 株式会社ジーニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:工藤 智昭、以下「ジーニー」)は、モバイルアナリティクス企業のadjust株式会社(本社:ドイツ ベルリン CEO/Co-Founder クリスチャン・ヘンシェル)が提供する効果測定ツールと「Geniee DMP for App」の接続を12月より開始いたしました。

 昨今、拡大し続けるスマートデバイス市場において、企業はネイティブアプリケーションを活用したマーケティング活動が重要視されています。ジーニーが提供している「Geniee DMP for App」は、アプリケーションマーケティングに必要なデータの蓄積・分析・統合や、広告配信プラットフォーム、プッシュ通知との連携に対応した、すべてのチャンネルに活用できるデータプラットフォームです。アプリビジネスの分析において重要視される「LTV(※2)最適化」に加え、ジーニーの得意とする「広告収益最適化」を可能にします。

 また、今回の接続先である「adjust」は国内外において多数のDSPやADNWと広告成果計測連携をしております。SDK搭載のアプリのアクティブユーザーは世界で13億を超えており、グローバルで最も使用されている計測ツールです。
[画像: (リンク ») ]

 ジーニーの「Geniee DMP for App」と連携することにより、「adjust」を使用中のアプリ事業者は、「Geniee DMP for App」を通して、より効果的なリテンション広告配信が可能になり、休眠ユーザーの掘り起こしやLTV(※2)の最大化が実現できます。

 ジーニーでは、今後も各社との連携を進めながら、アプリ事業者の収益最大化に向けて開発を進めてまいります。

<Geniee DMP for Appについて>
 基本KPI 計測、マネタイズ分析など、LTV 最適化の基本機能に加え、「Geniee DMP for App」 では、RPM(※3)最適化機能により、広告収益の可視化を実現します。

■広告収益の可視化
これまで企業は広告出向の際、CPIやLTVの最適化をしながら媒体社を選択していましたが、
本サービスにより広告収益の可視化をすることで、ROAS(※4)を高めることができます。

■カスタム分析機能
イベントを登録すると、流通額などを可視化した広告運用が可能になります。

■ユーザーリスト機能
オーディエンスデータをセグメント化し、広告配信プラットフォームなどへのフィードが
容易に行えます。

<adjustとは>
 adjustは、adjust株式会社の提供するアプリ内のユーザー行動分析及び広告の効果測定が
含まれる総合的なアプリ計測ツールです。
adjust SDK搭載のアプリのアクティブユーザーは世界で13億を超えており、
グローバルで最も使用されている計測ツールの一つです。
(リンク »)

※1 DMP(Data Management Platform)とは、Cookie 等個人情報に該当しない情報を利用して、
  広告や マーケティング、メディアやユーザーのデータの蓄積、統合、分析をし、
  すべてのチャネルに活用できるデータプラットフォームです。
※2 LTV(Life Time Value)顧客生涯価値
※3 RPM(Revenue per Mile)
※4 ROAS (Return On Advertising Spend) 投資した広告の費用の回収率。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]