『MFクラウド会計・確定申告』、電子帳簿保存法に対応

株式会社マネーフォワード 2015年12月25日

From PR TIMES

~企業のペーパーレス化とコスト削減推進のため、電子帳簿保存法への対応を推進~

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下当社)は、クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計・確定申告』及び『MFクラウド経費』(近日提供開始予定)において、電子帳簿保存法への対応を開始いたします。

【背景】
2015年9月30日より、電子帳簿保存法のスキャナ保存要件の緩和を含む電子帳簿保存法の改正が施行されました。最短で2016年1月1日分より、要件を満たしたすべての領収書・請求書をスキャナで電子化して保存することができるようになります。さらに、2015年12月16日に発表された税制大綱によると、2016年9月からはスマートフォンやデジタルカメラで撮影した証憑も要件に含まれるようになります。これまで紙で保管していた領収書や請求書などの証憑は、今後電子化され原本の廃棄が可能となるため、ペーパーレス化の実現や経費精算業務におけるコスト削減など、社会に大きな変化をもたらすことが予想されます。




◆◇電子帳簿保存法対応のための3つの機能◇◆
1)ScanSnapで領収書や請求書を簡単スキャン
パーソナルドキュメントスキャナ『ScanSnap』でスキャンされた領収書や請求書などの電子データを、MFクラウド会計内のMFクラウドストレージ(β)に保管することができます。
[画像1: (リンク ») ]
URL:『ScanSnap』 (リンク »)
    『ScanSnap Cloud』 (リンク »)

2)『MFクラウド経費』でスマホ撮影した領収書の保管
近日提供開始予定の『MFクラウド経費アプリ』を使用することにより、撮影した領収書を電子データとしてアプリ内に保管することができます。
[画像2: (リンク ») ]

3)仕訳へのファイル添付機能
『MFクラウド会計』において、電子化された領収書や請求書をそれぞれの仕訳に添付することができ、帳簿書類間の関連性の確保をより楽に行うことが可能になります。

[画像3: (リンク ») ]

 今後、スキャナ保存の要件であるタイムスタンプ付与にも対応を予定しており、一定の条件を満たした場合、上記の方法で保管した電子データの原本の破棄が可能となります。

◆◇クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計』について◇◆
『テクノロジーの力で、楽に、簡単に、しかも安く』というコンセプトで設計された、クラウド型会計ソフトです。
URL:『MFクラウド確定申告』 (リンク »)
『MFクラウド会計』   (リンク »)
開始日:2014年1月27日(月)
価 格:初期費用 無料
月額費用 個人事業主向け:無料(プレミアム会員800円)、法人向け:1,800円
特 徴:・初期費用0円、基本機能無料でご提供。
・MacでもWindowsでもOSを問わず使える。
・クラウドなのでバックアップも万全、アップデート不要。
・銀行やクレジットカード等3,500以上の金融関連サービスから取引情報を自動取得。
・仕訳ルール学習で入力の手間を削減。
・他の会計ソフトからの乗り換えも簡単。充実したデータのインポート・エクスポート機能。
・必要な会計帳簿、決算書、確定申告書はもちろん経営に役立つレポートを自動作成。
・複数名でリアルタイムにデータを共有。社員間や社外の税理士とのコミュニケーションが容易に。

■ 株式会社マネーフォワードについて
マネーフォワードは、個人・法人向けにお金に関する課題を解決するプラットフォームを提供しています。2012年5月に設立以来、家計・資産管理サービス「マネーフォワード」やビジネス向けクラウドサービス「MFクラウド」シリーズ、お金に関するウェブメディアなどを展開しており、国内No1のFintechベンチャーとして注目いただいています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』
WEB  (リンク »)
iPhone,iPad  (リンク »)
Android  (リンク »)
・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』 (リンク »)
会計ソフト『MFクラウド会計』   (リンク »)
請求書作成ソフト『MFクラウド請求書』  (リンク »)
入金消込ソフト『MFクラウド消込』  (リンク »)
給与計算ソフト『MFクラウド給与』  (リンク »)
マイナンバー管理ソフト『MFクラウドマイナンバー』 (リンク »)
経費精算システム『MFクラウド経費』(事前登録受付中)  (リンク »)

・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア
『マネトク!』  (リンク »)

≪主な受賞歴≫
2014年1月ケネディ駐日米大使より「将来を担う起業家」として米国大使館賞受賞。
同年2月ジャパンベンチャーアワード2014にて「起業を目指す者の模範」としてJVA審査委員長賞受賞。
同年3月電通国際情報サービス主催の金融イノベーションカンファレンスFIBC2014にて優勝、大賞を受賞。
同年10月「マネーフォワード」と「MFクラウドシリーズ」でグッドデザイン賞をW受賞。
同年12月NTTデータ主催ビジネスコンテスト「豊洲の港から」で最優秀賞受賞。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。