編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

今話題のアニメ/マンガ「昭和元禄落語心中」作者漫画家・雲田はるこ氏 独占ロングインタビュー掲載!

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

From: PR TIMES

2016-02-02 15:03

秘蔵の「江戸弁帖」と落語ノートなども公開

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する、エンタメ情報WEBサイトの「エンタメステーション」は、現在MBS/TBS系列でアニメ放送され話題になっている人気漫画『昭和元禄落語心中』(講談社『ITAN』誌にて連載中)の作者である漫画家の雲田はるこ氏への独占ロングインタビュー記事(全3回)を、本日よりエンタメステーション上にて掲載を開始しました。



エンタメステーションでは、1月25日(月)より「雲田はるこ『昭和元禄落語心中』特集」と題して、漫画『昭和元禄落語心中』自体はもちろん、2016年1月より放送中のテレビアニメの声優陣や主題歌の魅力などを編集部独自の視点で分析するなど、「マンガとアニメと音楽」の視点から作品の魅力を複合的にお伝えする特集記事を掲載しており、本日より作者である漫画家・雲田はるこ氏へのインタビューが掲載となります。

雲田はるこ氏へのインタビューでは、『昭和元禄落語心中』のお話だけでなく、音楽歴や江戸文化への興味を持ったきっかけ、落語という題材を選んだ理由なども語られています。さらに雲田はるこ氏秘蔵の「江戸弁帖」と落語ノートを特別に取材することができ、作中で使用したセリフやエピソードの元となった世界が明らかになります。なお、インタビュー記事は、全3回となり、本日2月2日(火)、3日(水)、4日(木)の3日間にわたって掲載します。


雲田はるこ氏 ロングインタビュー掲載情報

[画像: (リンク ») ]

特集名:「雲田はるこ『昭和元禄落語心中』特集」

掲載URL: (リンク »)

インタビュー1.   2016年2月2日(火)公開

インタビュー2.3.  2016年2月3日(水)、4日(木)公開(予定)


[既掲載記事] ※上記URLより閲覧可能です

(第1回) なぜ「昭和元禄落語心中」は何度も“聴きたく”なるのか?

(第2回・3回) 音楽にあこがれるマンガ家 前編 / 後編

(第4回) 林原めぐみ×椎名林檎 「空気感」をつくる音楽

(第5回) 石田彰の「死神」

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]