パナソニックがチリのインタラクティブ視聴覚ミュージアム「MUI」にAVソリューションを納入【動画レポート】

パナソニック 2016年02月04日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

パナソニック チリは、2015年11月、チリ共和国の首都サンティアゴにある「MUI - Museo Interactivo Audiovisual(インタラクティブ視聴覚ミュージアム)」にプロジェクター、ディスプレイなどを活用したAVソリューションを納入しました。

▼【動画】南米チリのミュージアムにおけるパナソニックのAVソリューション
(リンク »)
(リンク »)
[動画: (リンク ») ]



このミュージアムの最大の魅力となるのが、最新技術によるインタラクティビティ。「MUI」の各部屋を舞台として、展示テーマとなっている古代ローマの人々のくらしを、パナソニックのプロジェクター、ディスプレイ、ソフトウェアやノウハウなどを融合させた最新のAVテクノロジーを駆使して、リアルにわかりやすく再現。今までにないインタラクティブ性に富んだ映像体験を通じて、訪問者が古代ローマの歴史を楽しく学べる仕組みとなっています。子どもから大人までを対象としたミュージアム「MUI」では、今後もテーマを変えながら、より多くの人に「感動」を提供していきます。

■パナソニック チリが納入したソリューションにおける機器の概要は以下の通り。
・プロジェクター 合計43台
・ディスプレイ(65インチ、55インチ、42インチ) 合計27台
・レンズ 合計26台

■「MUI - Museo Interactivo Audiovisual」とは
「MUI」はチリで初めて映像を全面的に活用するビジュアルアートミュージアムで、訪れる人たちは各展示スペースを周りながら、最新ビジュアルテクノロジーを体験できる。1943年から1945年にかけて建設された古き時代の庁舎を、Las Condes(ラス・コンデス)市役所が買い取り、2012年からミュージアムとしての改修を開始。2015年の11月にオープンした。

▼【動画】南米チリのミュージアムにおけるパナソニックのAVソリューション
(リンク »)
▼パナソニックのビジネスソリューション
(リンク »)
▼パナソニック チリ(スペイン語)
(リンク »)
▼MUI(スペイン語)
(リンク »)

<関連情報>
・業務用プロジェクター
(リンク »)
・【動画】 市川染五郎「鯉つかみ」+パナソニック プロジェクション in ラスベガス
(リンク »)
・【動画】 美術館,博物館のニーズに応えるパナソニックロシアの文教ソリューション
(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]