株式会社ロックオン、「EC-CUBEペイメント決済プラグイン(3.0系)」に定期購入機能を追加

株式会社ロックオン 2016年03月03日

From PR TIMES

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:相浦 一成)と提供するEC-CUBE公式決済プラグイン「EC-CUBEペイメント決済プラグイン(3.0系)」に定期購入機能を追加することを2016年3月3日に発表いたします。

・EC-CUBEペイメント決済プラグイン(3.0系)の詳細はこちら: (リンク »)

■本プレスリリースの詳細
「EC-CUBEペイメント」は「EC-CUBE」の公式決済サービスとして、2009年10月、株式会社ロックオンがGMOペイメントゲートウェイ株式会社とリリースしたもので、ユーザーの利便性、及び売上の向上を目的に「公式だからこその充実した機能」「店舗主様と同じ目線の手厚いサポート」をテーマとしております。

今回追加された定期購入機能を使うと、EC-CUBE 3.0で定期商品(継続課金商品)を販売することができるようになります。本機能は、毎月、定期継続中は自動的にクレジットカードからの引き落としを行う仕組みであるため、お客様の買い忘れを防ぎ、店舗の売上向上にもつながります。昨今、米国を中心にサブスクリプション・コマースと呼ばれる、定期購入型販売モデルがブームとなり定着しつつあります。今後、日本国内でも定期購入型販売モデルがより一般的になってくることが予想されるため、この度、定期購入機能を実装いたしました。

■「EC-CUBE」について
ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており(※)推定22,000店舗以上で実際に稼働しております(当社調べ)。2014年9月には企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をリリース。2015年7月には内部構造を全面刷新し、「拡張性の向上」を追求した「EC-CUBE 3」をリリースしております。

※独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

■関連サイトURL
「EC-CUBE」オフィシャルサイト: (リンク »)
「EC-CUBE」開発コミュニティ: (リンク »)
「EC-CUBE」多言語版オフィシャルサイト: (リンク »)
「EC-CUBE B2B」特設サイト: (リンク »)
ネットショップの壺powered by「EC-CUBE」: (リンク »)

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
九州支社:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通ビル
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL: (リンク »)
事業内容:マーケティング ロボットの提供
・ マーケティングプラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」「Solution」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ロックオンの関連情報

株式会社ロックオン

株式会社ロックオンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。