奄美大島PR動画 悩むアラサーテディベア みっけ(29 )「私の何がいけないんだろう」奄美で自分探しをする実写パペットアニメーション公開

奄美大島観光物産協会 2016年03月08日

From PR TIMES

~元ちとせさんがナレーションで奄美方言を披露~

奄美大島観光物産協会は、2016年3月8日、鹿児島県 奄美大島PR短編ロードムービー「あまみっけ。」を公開。
本動画は、テディベアが奄美の人や自然と触れ合う約6分間の実写パペットアニメーション。
東京で働く悩み多きテディベアの女の子が、偶然にも奄美大島に連れて行かれ、奄美大島を巡る旅をするというファンタジックなストーリーです。ナレーションは、奄美大島出身のシンガー元ちとせさんが務めました。



公式サイトURL: (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



■ クロウサギやハブ、奄美の人々と出会う「みっけ」の感情に変化が…

「ここは自分の居場所じゃない。もっと自分に合った世界があるはず。」
都会に嫌気が差した「みっけ」(29 )は、旅に出ることを決意。
あての無い旅の到着先は、初めてなのにどこか懐かしい奄美大島。
そこで自分の模様のルーツである本場奄美大島紬を知ることになります。
奄美をさまよう中で、クロウサギやハブ、奄美大島の人々と出会うことで大きく変化していくみっけの感表を動画で表現しております。

映像の制作背景
動画作品「あまみっけ。」は、奄美大島の魅力を広めるために立ち上げたDMO(DestinationMarketing/Management Organization)事業の一環として製作。
WEBページ「あまみっけ。」で提供する一つのコンテンツとして配信しております。
主人公のテディベアは、世界的にも珍しい染色方法である「泥染め」による特徴的な黒い光沢を持つ本場奄美大島紬(以下、大島紬)で作られています。

DMO事業構想の記者発表会時の奄美大島観光物産協会の担当者コメント:
「みっけは、島の人々には勿論、島の外の人々にも愛され、奄美大島の魅力を発信していく存在になってほしい。」
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

語り : 元ちとせ
プロデューサー: 脇田 政法(東京No.1)
脚本: 秋山 竜平
監督: 山口 保幸(東京No.1)
企画・総合演出: 福 和敏(東京No.1)
制作: 株式会社 東京No.1
製作著作: 奄美大島観光物産協会

元ちとせさんコメント:
「古くから残る自然も奄美大島の魅力ではございますが、何より奄美大島に住む人々の温もりとふところの深さ、といった人の魅力をお伝えしたいです。是非都会の人々にも奄美に来ていただき、都会の人には奄美の人々のエネルギーを感じてもらい、奄美の人々にも都会のエネルギーを感じてもらってほしい。」

プロフィール:
奄美大島で生まれ、小学生の時に自ら島唄(奄美群島に伝わる民謡) を習い始める。
高校生時代には「奄美民謡大賞」の「民謡大賞」を史上最年少で受賞。
2001年にインディーズデビュー、2002年にシングル・チャー ト1位を記録した「ワダツミの木」でメジャーデビューを果たす。奄美大島に 拠点を置きながら精力的な活動を行う日本を代表する女性シンガーの一人である。

[動画: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]