著名エンジニアユーザーが一同に集結!エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail(テラテイル)」が”エキスパートユーザーページ"をリリース

レバレジーズ株式会社 2016年03月15日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

 インターネットメディアを事業軸に、IT、医療、その他新規分野に事業を展開しているレバレジーズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:岩槻知秀、以下レバレジーズ)が運営する、エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail(テラテイル)」( (リンク ») )は、サイト内でランキングトップになるなどのある特定条件を満たしたユーザーのアイコンが変化する【称号機能】をリリースするとともに、称号付与の条件のひとつである"エキスパートユーザー"に認定されたユーザーの一覧ページ【エキスパートユーザーページ】を公開しました。これによりサイト内で"すごい"ユーザーがより視覚的に分かりやすく確認できるようになりました。

■エキスパートユーザーページを公開
 teratailをご利用いただいているユーザーの中でも、有名書籍の著者や技術カンファレンス、大型コミュニティの主催者など、各技術へ多大な貢献をしているエンジニアの方々を"エキスパートユーザー"として認定させて頂き、その一覧ページをリリースいたしました。(エキスパートページ: (リンク ») )
[画像2: (リンク ») ]

                  図1 エキスパートユーザーページ

■称号機能を同時リリース、サイト内で"すごい"ユーザーが見やすくなります
 エキスパートページと同時に、新たに「称号機能」をリリースいたしました。すべてのteratailユーザーが、3つの獲得条件のうちどれか1つ以上を満たすと称号を獲得することができ、アイコンに以下のような変化が起きます。
[画像3: (リンク ») ]

             図2 称号機能によるアイコンの変化と称号獲得条件

 teratail内にて、称号がついたユーザーのアイコンに金縁がついていることで、質問ユーザーにとっては、技術的に知見があるユーザーが答えてくれた際に視覚的に分かりやすくなります。また、称号も表示されるので、どのような分野に特化したユーザーが回答してくれたかが分かります。

[画像4: (リンク ») ]

               図3 サイト内でのアイコンの変化の様子

■今後は解決済みQ&Aの資産価値を向上させる仕組みをづくりを
 今後の展望としては、teratail内の解決済みQ&Aの資産価値を向上させていく仕組みを整備していきます。具体的には編集機能の追加を予定しています。現在、teratailには、約30,000件もの問題解決のログが蓄積されており、今なおその数は増え続けています。今後はそれらのうち解決されたQ&Aを、同じような問題で躓いた第3者が見てもすぐに内容を理解できるよう、ユーザー同士でブラッシュアップしていく仕組みを整えていきます。これにより、「質問する」ことで問題が解決する場として機能するだけでなく、「すでに解決された課題の解決策をみる」という第2波、第3波の問題解決が起こる場として成長させていこうと思います。


※【補足情報】 掲載エキスパートユーザー詳細情報
■日本ユーザー会 小山 哲志氏 ( (リンク ») )
[画像5: (リンク ») ]


合同会社ほげ技研代表社員。日本UNIXユーザ会(幹事)を始め、日本PostgreSQLユーザ会、日本PHPユーザ会など、多岐にわたる、OSSコミュニティの活動を支える。2007年には、OSS貢献者賞にも選ばれている。共著書に「PHPエンジニア養成読本( (リンク ») )」「Laravelエキスパート養成読本( (リンク ») )」などがある。


■iOS Developer 岸川克己氏 ( (リンク ») )
[画像6: (リンク ») ]



iOS/OS Xアプリケーションの開発者で、モバイルデータベースを開発するRealmに勤務する傍ら、さまざまな企業にテクニカルアドバイザーとして関わっています。また、個人の活動として、多数のオープンソースライブラリをGitHubにて公開しています。


■Node日本ユーザグループ代表 古川陽介 ( (リンク ») )
[画像7: (リンク ») ]


(株)DeNA所属。Node.js日本ユーザーグループ代表であり、大人気イベント「東京Node学園」の主催者。HTML5expertsにも選ばれている。


■WebGLエヴァンジェリスト 比留間和也氏 ( (リンク ») )
[画像8: (リンク ») ]


面白法カヤック所属。HTML/CSS/JavaScript に関する書籍を多数執筆。iOSアプリ開発から、UnityやWebGLを使った制作までこなす。HTML5expertsにも選ばれている。著書に「JavaScriptの新しい教科書( (リンク ») )」、共著に「すべての人に知っておいてほしいJavaScriptの基本原則( (リンク ») )」などがある。

■Goイベントオーガナイザー 上田拓也氏 ( (リンク ») )
[画像9: (リンク ») ]



学生時代にGo言語に出会い、それ以来Go言語にのめり込む。Go言語に関する数百人規模のカンファレンスの主催や運営に携わっている。


■PyCon JP 2016座長 鈴木たかのり ( (リンク ») )
[画像10: (リンク ») ]


(株)BeProud所属。「PyCon JP 2014-2016」座長であり、一般社団法人PyCon JP理事。共著書に「Pythonプロフェッショナルプログラミング 第2版( (リンク ») )」「Pythonエンジニア養成読本( (リンク ») )」「Pythonライブラリ厳選レシピ( (リンク ») )」など。


■Sphinxコミッター 清水川貴之 ( (リンク ») )
[画像11: (リンク ») ]



(株)BeProud所属。「PyCon JP 2012/2013」副座長であり、Sphinxのコミッター、Sphinx-Users.jpのオーガナイザー。「エキスパートPythonプログラミング( (リンク ») )」の翻訳・出版や「Pythonプロフェッショナルプログラミング( (リンク ») )」「Sphinxをはじめよう( (リンク ») )」の執筆に携わっている。

■TechFeed編集長 白石俊平 ( (リンク ») )
[画像12: (リンク ») ]


エンジニア、コピーライター。日本最大のWeb技術者コミュニティhtml5jを5年間リードした後スタートアップを創業、テクノロジー分野に特化したキュレーションサービス「TechFeed」( (リンク ») )を2015年12月にリリース。「HTML5&API入門( (リンク ») )」(日経BP)など、著作執筆多数。Web技術者向けメディアHTML5 Experts.jp編集長も務める。

■Swift愛好会 会長 七島偉之 ( (リンク ») )
[画像13: (リンク ») ]



iOSアプリ開発エンジニア。(株)Repro所属。業務系Webシステムの開発に従事後、「野良エンジニア」として独立。受託開発やアプリ開発スクールの講師などを務め、現在に至る。共著書に「世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業( (リンク ») )」がある。2015年よりSwiftユーザーのコミュニティ「Swift愛好会」を主催している。


■Microsoft MVP 山崎大助 ( (リンク ») )
[画像14: (リンク ») ]


デジタルハリウッド学院准教授であり、大妻女子大学でも教鞭をとる。エンジニア養成スクール「ジーズアカデミー」の立ち上げメンバーとして参加。ジーズアカデミー主席講師も務める。Microsoft MVP(FrontEndWebDev)を受賞。著書に『jQueryレッスンブック( (リンク ») )』や『レスポンシブWebデザイン「超」実践デザイン( (リンク ») )』など。


■AngularJS Japan User Group 金井健一 ( (リンク ») )
[画像15: (リンク ») ]



AngularJS Japan User Groupの代表。共著書に「AngularJSリファレンス( (リンク ») )」がある。また、HTML5関連 開発者コミュニティ「html5j」にてWeb先端技術味見部の部長もしている。HTML5expertsにも選ばれている。


■IPA認定スーパークリエータ 部谷修平 ( (リンク ») )
[画像16: (リンク ») ]



株式会社ウフル、CTOオフィス ウフルテクニカルロックスターズ 代表。2010年度未踏ユース採択、IPA認定スーパークリエータ。2012年に創業した株式会社Technical Rockstarsで、ビジュアルプログラミング言語のFlowerや、IoT向けバックエンドサービスのMilkcocoaの開発を行った。その後株式会社ウフルに参加。得意分野はErlangやJavaScriptなど。



プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

レバレジーズ株式会社の関連情報

レバレジーズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]