ギャグマンガ『少年バカボン』と人気パズルアプリ『スマピク』がコラボ!数字を頼りに『少年バカボン』キャラのイラストを完成させる[少年バカボンパック]を配信!

株式会社KADOKAWA 2016年03月22日

From PR TIMES

アスキー・メディアワークス

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)アスキー・メディアワークスでは、ギャグマンガ『少年バカボン』(原作/赤塚不二夫 著者/吉勝太、少年向けエンタメ総合誌「デンゲキバズーカ!!」で連載)と、株式会社ジュピター(本社:京都府京都市、代表取締役社長:中山 誠、以下ジュピター)がiOS・Android端末向けに配信するピクチャーロジックパズル『スマピク』とのゲームアプリ内コラボレーションを実施、[少年バカボンパック]を配信中です。



[画像1: (リンク ») ]

 ギャグマンガ『少年バカボン』と人気パズルアプリ『スマピク』のコラボレーションでは、「デンゲキバズーカ!!」でプレゼントしていた『スマピク』の[少年バカボン問題]12問とオリジナル問題3問を加えた合計15問の[少年バカボンパック](税込100円)を配信いたします。[少年バカボンパック]には解きごたえ十分の「デカピク」問題も1問含まれています。また、完成イラストはすべて、バカボンやそのクラスメイトなど『少年バカボン』に登場するキャラクターとなります。

[画像2: (リンク ») ]



■コラボ[少年バカボンパック]概要

【配信開始日】2016年3月19日(土)
【問題数】計15問
  「スマピク」モード14問、「デカピク」モード1問
【価格】100円(税込)


■『スマピク』とは
 『スマピク』は、縦と横のヒント数字を頼りに隠されたイラストを完成させる、ピクチャーロジックパズルが楽しめる基本プレイ無料のアプリ。ヒントや間違えても修正してくれるお助け機能もあるので、初心者でも楽しくプレイできます。10×10マスサイズの「スマピク」モードから超巨大な「デカピク」モードまで、いろいろな問題が楽しめます。追加問題は有料(税込100円)で配信されています。
【タイトル】『スマピク』 【ジャンル】ピクチャーロジックパズル※
【ダウンロード】
 Google Play: (リンク »)
 App Store: (リンク »)
【対応OS】Android 2.3.3以降、iOS 6.0以降
【価格】無料(追加問題パック(有料)の販売あり) ※アプリのご利用にはパケット通信料が必要です。
【メーカー】ジュピター 【公式サイト】 (リンク »)
【権利表記】(C)2014 Jupiter
※ピクチャーロジックパズルは、「ピクロス」や「ノノグラム」「お絵かきロジック」とも呼ばれる人気のあるパズルジャンルで、縦と横のヒント数字を頼りにマス目を塗りつぶし、隠されたイラストを完成させるパズルゲームです。

◆『少年バカボン』公式サイト: (リンク »)
◆「赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!」: (リンク »)

■関連サイトURL
・KADOKAWAオフィシャルサイト: (リンク »)
・アスキー・メディアワークス公式サイト: (リンク »)
・株式会社ジュピター公式サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

株式会社KADOKAWA

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]