編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

渡航者の追跡とリスク軽減を支援するオンラインソリューション『トラベルトラッカー』がさらに進化

インターナショナルSOS

From: PR TIMES

2016-04-26 10:39

海外研修や海外出張者を派遣するあらゆる規模の企業・団体に役立つ新機能

インターナショナルSOSとコントロール・リスクスは、渡航者の追跡とリスク軽減を支援するオンラインソリューション『トラベルトラッカー』の最新機能を発表しました。この新機能によって、渡航予約をした場所や方法に関わらず、企業は渡航者の居場所について包括的かつ正確な情報を把握することができるようになります。



[画像1: (リンク ») ]



「フォワードトラベルアイテネラリー(Forward Travel Itinerary)」と呼ばれるこの機能は、飛行機やホテル、レンタカーの予約確認メールをそのまま転送することで利用できます。転送された予約内容を『トラベルトラッカー』が自動的に読み取り、渡航予定として認識します。*1

出張手配の際に会社の指定する旅行代理店を通さずに個人で渡航予約をした場合でも、渡航者本人や出張管理者が旅程の詳細データを手入力する必要がなくなり、データ入力時のエラーを減らすことにも繋がります。

インターナショナルSOSのグループ・エグゼクティブ・バイスプレジデントであるティム・ダニエルは次のように語っています。

「危機発生時には渡航者の現在位置の確認が何より重要です。出張や研修での渡航中に、個人的に数日間観光する場合は会社の指定する旅行代理店以外のウェブサイト等を通して自費で予約することが多いものですが、こうした場合でも渡航者は簡単かつ確実に会社に居場所を知らせることができるようになります。」

この予約確認メールの統合サポートは、カールソン・ワゴンリー・トラベル社(Carlson Wagonlit Travel)傘下のワールドメイト社(WorldMate, Inc.)が行っています。

ワールドメイト社のCEOであるアミール・キルシェンボム氏は次のように語っています。

『私たちはトラベルトラッカーにメールのデータを統合する作業を担当しています。このプロジェクトではワールドメイトのメール解析アプリケーションを利用しているので、メールをスピーディに取り込み、インターナショナルSOSとコントロール・リスクスの会員企業の皆様に質の高いサービスを提供することができます。』

トラベルトラッカーが提供するコアソリューションは、フォワードトラベルアイテネラリーの機能により更にグレードアップします。トラベルトラッカーの詳細については、 (リンク ») をご参照ください。(インターナショナルSOSとコントロール・リスクスは厳格なデータ保護ポリシーを遵守しています。)


*1:日本語については、一部の予約確認メールで対応を開始しています。


インターナショナルSOSとコントロール・リスクスについて
インターナショナルSOSとコントロール・リスクスの提携により、世界をリードする医療並びに安全対策のスペシャリスト集団が結成されました。渡航に関する安全管理サービスへの高まる顧客ニーズを満たすべく、両社のリソースと専門知識を結集してサポートしています。我々が提供するソリューションは、渡航中の社員の安全と生産性を確保し、企業が社員への安全配慮義務を果たせるよう支援するものです。世界27カ所に拠点を置くアシスタンスセンターの200人以上の渡航安全管理スペシャリストと700以上の認定プロバイダーからなるネットワークを通じて、世界各国の渡航安全に関する情報分析を24時間365日体制で提供しています。渡航リスク評価、渡航に伴う安全対策トレーニングと安全管理規程の策定支援、避難計画、および会員企業が渡航中の社員を追跡し、安否確認を可能にする最新技術を提供しています。

インターナショナルSOS (リンク »)
コントロール・リスクス (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]