セキュリティに特化した企業向けオンラインファイル共有サービス、コンテンツ配信・閲覧プラットフォームを「Interop Tokyo 2016」に出展

日本ワムネット株式会社 2016年05月30日

From PR TIMES

日本ワムネットは「Interop Tokyo 2016」(6月8日(木)~10日(金)/会場:幕張メッセ)内、「Security World」ゾーンに出展し、オンラインファイル共有サービス「GigaCC ASP/OFFICE」、セキュアなコンテンツ配信・閲覧プラットフォーム「GigaCC View」を展示・実演いたします。



[画像: (リンク ») ]



大容量デジタルデータ伝送サービス事業を展開する日本ワムネット株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:石澤 幸信、以下日本ワムネット)は、来る6月8日(木)~10日(金)に開催される「Interop Tokyo 2016」(会場:幕張メッセ)内、「Security World」ゾーンに出展する運びとなりました。

弊社ブースでは、2年連続実績No.1(※)純国産オンラインファイル共有サービス「GigaCC ASP/OFFICE」、相手に実際のファイルを渡さずに、中身のみを共有・閲覧できるセキュアなコンテンツ配信・閲覧プラットフォーム「GigaCC View」を出展いたします。

サービスの実演デモをはじめ、最新バージョンや導入事例などを詳しくご紹介いたします。
ご来場の際は、ぜひ日本ワムネットブースにお立ち寄りください。お客様のご来場を心よりお待ちしております。

出展予定サービスについて詳しくはこちらから
GigaCC ASP/OFFICE
(リンク »)
GigaCC View
(リンク »)

■イベント情報
【Interop Tokyo 2016】
・会期:2016年6月8日(水)~10日(金)
・場所:幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
・弊社出展場所:Security World ゾーン
・主催:Interop Tokyo 実行委員会

<GigaCCについて>
GigaCCシリーズは企業間でのファイル送受信、共有を安全・確実に行なうことができるツールとして、製造・金融・サービス・流通・メディアなどの上場企業や大企業を含む、多くの法人・自治体などで採用されています。
プロジェクトや部署単位で利用可能なクラウドプランGigaCC ASP、カスタマイズや認証システム連携などによって、大規模運用を実現する専用型プランGigaCC OFFICE、セキュアなコンテンツ配信・閲覧プラットフォームGigaCC View、大容量データ伝送サービスGigaCC トラスト便をラインナップしています。
(リンク »)

<日本ワムネットについて>
日本ワムネットは、株式会社ティーガイア、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社等が出資する合弁会社です。
大容量データを安全に伝送・共有・保管する企業向けオンラインストレージソリューション、ネットワークシステムの開発や販売事業、オフィス環境からモバイル環境に至るビジネスをよりセキュア・スマートに行えるパッケージの提案を行っています。
(リンク »)

<本件に関するお問い合わせ先>
【一般の方からのお問合せ】
日本ワムネット株式会社
ソリューション営業部
〒104-0033 東京都中央区新川1-5-17 エイハ新川9F
TEL: 03-5117-2150 FAX: 03-5117-2155
Email: japan.sales@wamnet.jp

(※)出典:ITR「ITR Market View:ファイル共有・転送/コンテンツ管理市場2015」
GigaCC ASP/OFFICE:2013-2014年度オンラインファイル共有市場ベンダー別売上金額およびシェア
本リリースに記載の社名、製品名、並びにサービス名は各社の商標または登録商標です

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本ワムネット株式会社の関連情報

日本ワムネット株式会社

日本ワムネット株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]