良品計画が運営する「無印良品ネットストア」にサイト離脱ユーザ向けメール配信ASP「NaviPlusリタゲメール」をナビプラスより提供開始

ナビプラス株式会社 2016年06月14日

From PR TIMES

ナビプラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:篠 寛、以下:ナビプラス)は、自社で開発・提供する、サイト離脱ユーザ向けのメール配信ASP「NaviPlusリタゲメール」の、 株式会社良品計画(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:松崎 曉、以下:良品計画)が運営する「無印良品ネットストア」( (リンク ») )への提供を開始しました。



【導入の背景】

良品計画は、商品への興味関心が高いにも関わらず購入せずに離脱してしまったユーザ、いわゆる「カゴ落ちユーザ」に対し購入意志の再確認のために追加フォローできる施策を検討していました。この結果、導入ハードルが低く、リアルタイムのメール配信が可能で、成果報酬型である「NaviPlusリタゲメール」の採用を決定しました。

「NaviPlusリタゲメール」を使うことで、ショッピングカートに商品を入れたままサイトを離脱したユーザに対してフォローメールを配信することが可能になります。このため今まで手付かずだった離脱ユーザに対して商品の再訴求ができ、新たな売上の創出に貢献します。

【メールサンプル】

[画像: (リンク ») ]



良品計画とナビプラスは今後も引き続き、リターゲティングメールの配信、配信タイミングや配信頻度の最適化、メール内のコンテンツの拡充など「NaviPlusリタゲメール」の機能を活用し、開封率や購入率などを上げるための施策を順次実施していく予定です。

今後もナビプラスは、レコメンドエンジン・サイト内検索エンジン・カゴ落ちメール・レビュー投稿エンジン・越境ECなどマーケティングソリューションツールの提供を通じて、顧客のウェブサイトの収益力向上に貢献して参ります。


【NaviPlusリタゲメールについて】

「NaviPlusリタゲメール」は、おもにオンラインショッピングなどのECサイトにおいて、サイトに訪れたユーザへEメールでリターゲティングするソリューションです。

たとえば、ショッピングカート画面より購入手続きを進める途中で、商品を買わずにサイトを離脱する「カゴ落ちユーザ」がいた場合、「お買い物忘れはありませんか?」といったメールを、また商品を閲覧しただけでサイトから離脱する“ブラウザ離脱ユーザ”がいた場合は「ご来店ありがとうございます。」という趣旨で、サイトへの再訪を促すメールを、離脱してから最短で15分後から自動送信できます。
(リンク »)

【ナビプラスについて】

ウェブサイトの収益力向上をテーマに、ユーザ行動履歴データ・商品コンテンツデータ・ユーザ属性データ等を収集・分析し、ウェブサイトのコンテンツやナビゲーションを最適化するマーケティングソリューションツールの提供等を行っています。
商号 : ナビプラス株式会社
代表者 : 代表取締役 篠 寛
本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿西 1-7-7 EBSビル 8階
設立年月日 : 2010年1月21日
資本金 : 2億2,000万円
URL : (リンク »)

※本プレスリリースに記載されている会社名・商品名・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

【本件に関するお問い合わせ】
ナビプラス株式会社 広報
Tel:03-5456-8017(代表) Email: info@naviplus.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ナビプラス株式会社の関連情報

ナビプラス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]