文字を使ってものづくりをしませんか? 江戸文字をリメイクした書体「真四角(ましかく)」

アイデアスケッチ 2016年06月21日

From PR TIMES

株式会社アイデアスケッチは、江戸文字の一つ「角字」をリメイクした書体「真四角(ましかく)」のプロジェクトを始動いたします。この書体を用いた商品開発を共同で行う企業を募集いたします。



[画像1: (リンク ») ]



「真四角」は江戸文字の一つである「角字」をリメイクした書体です。食器や雑貨などの商品開発・テキスタイルを活用したファッション・インテリア・商品ロゴ・建築のサインなど多様な分野とのコラボレーションを行い、書体を通じて、江戸の美意識を現代に映し出していきます。
(リンク »)

伝統とスタイリッシュさを兼ね備えた書体

[画像2: (リンク ») ]



「真四角」はアルファベットに負けないシンプルで洗練されたデザインのフォントです。 日本の伝統を継承しながらも、漢字の持つ複雑な造形をうまくデフォルメし、デザインをいたしました。 また現在1166字を開発し、現在も常用漢字を含む約3000文字の制作に向け、日々文字をデザインをしています。
江戸から現代へ

「真四角」のルーツとなる「角字」は、 江戸時代に生まれた文字です。 江戸時代に大衆文化が発展していく中で「角字」は、 お祭りやのれんなど日常に使われる書体として 人々の生活に溶け込んでいきました。現在も、印鑑や半被などで使用されています。

[画像3: (リンク ») ]



「角字」は、正方形の中に水平・垂直の直線だけで構成された書体です。いわばグラフィックとして生まれた世界的にも稀な、図形的な書体です。私たちは角字の文字の崩し方を参考にしながら、一文字ずつ文字をデフォルメし、丁寧にデザインを施しました。


[画像4: (リンク ») ]



漢字をつかった商品を世の中に

「真四角」では、書体を活用した食器・テキスタイル・デジタルメディア等、一緒に企画開発をしていただけるコラボレーターを募集しております。
[画像5: (リンク ») ]




[画像6: (リンク ») ]


[画像7: (リンク ») ]


[画像8: (リンク ») ]



[画像9: (リンク ») ]



一緒にものづくりをしませんか?

[画像10: (リンク ») ]



この書体をつかって一緒にコトを起こしたい、と感じられた方がいらっしゃれば、ぜひご連絡をください。

(リンク »)

【本件に関するお問合せ先】
株式会社アイデアスケッチ 担当:山口
メールアドレス:promo@ideasketch.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]