たった2週間で台湾でのテストマーケティングが可能!台湾への販路拡大を短期間・低コストで始められます。

ISHグループ株式会社 2016年07月08日

From PR TIMES

~台湾でのテストマーケティングを即(ソク)始める「ソクマケ」~

ISHグループ株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役:佐藤 和彦)は、台湾でのテストマーケティングをスピーディに始められる「ソクマケ」( (リンク ») )をリリースいたしました。



[画像1: (リンク ») ]


インバウンドビジネスに注目が集まる中、日本に来る台湾人旅行客の消費額は中国に次いで2位となっています。しかし、その市場規模から考えるに、特にインバウンドに拘らなくても越境ECビジネスへの参入も大きなビジネスチャンスとなり得るのではないでしょうか。日本企業がもっと気軽にスピーディに台湾市場へ参入できるように、ロジスティックスの構築や現地へのローカライズ等の手間を省き、台湾でのテストマーケティングが可能なサービスを開始いたしました。
[画像2: (リンク ») ]



▼台湾でのテストマーケティングサービス「ソクマケ」▼
(リンク »)


◯台湾の越境ECに参入するメリット◯
台湾人観光客の旅行消費総額(約5,000億円:平成27年度観光庁調査)からしても、日本の商品への消費思考が極めて高い中、台湾のEC市場規模は1兆台湾元(約4兆円)に到達し、今もなお、2桁の成長率で成長しています。この台湾におけるEC市場規模はスーパーマーケットやコンビニ、百貨店等の小売業界の約5倍もの巨大市場なのです。
これだけの市場規模を誇り、日本製品の購買意欲も高い事を考えると台湾の越境ECビジネスに参入することは大きなビジネスチャンスとなり得ます。

◯台湾の越境ECに参入するデメリット◯
越境ECビジネス参入で最もネックとなるのがロジスティクスです。国際配送に必要な体制構築や手続きなどコスト負荷が大きく参入したくてもできない企業も多いのではないでしょうか。

ソクマケでは、そのロジスティクスの構築も必要なく、国内配送のこれまでの業務形態のまま、たった2週間で台湾への販路拡大が可能です。時間を要する本格的な台湾進出前に、台湾でのテストマーケティングをスピーディに始めることができます。

◯ソクマケの特徴◯
◆ 海外ロジスティックス構築不要
◆ 販売に必要なWEBページ制作および翻訳業務
◆ 台湾でのマーケティング、広告戦略の立案
◆ 台湾インフルエンサーアサイン

Time is Money.
たった2週間で始められる台湾進出、さあ始めましょう。

■会社概要
ISHグループ株式会社 (リンク »)
所在地:東京都品川区東五反田1-19-7 jLGビル3階
資本金:900万円
設立年月日:2013年2月4日
代表取締役:佐藤 和彦
事業内容:インターネットメディア事業/ウェブサイトデザイン・制作/システム開発
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]