博報堂の“生活者データ・ドリブン”マーケティングのパンフレットを公開。

株式会社博報堂 2016年07月12日

From PR TIMES

博報堂はこれまで、個々の人々を単なる消費者としてではなく、生活する主体としてまるごと捉え、その欲求や価値観を読み解く「生活者発想」をビジネス展開の核としてきました。デジタル化の進展により入手可能になった「リアルタイム×365日の生活者の情報行動・購買行動のデータ」を活用し、行動デザイン、顧客育成まで踏み込んだ、最適解のエグゼキューションを提供する、博報堂の“生活者データ・ドリブン”マーケティングの特徴をご紹介しています。



博報堂コンサラクションは、イノベーション、デジタル、グローバルなど、多様化、複雑化するマーケティング課題に対して、博報堂独自の生活者発想をベースとした、統合マーケティング・マネジメントソリューションをご紹介しています。

この度、ビッグデータを活用し、企業のマーケティングを統合的に進化させるための、「“生活者データ・ドリブン”マーケティング」の特徴を紹介する資料を公開しました。
[画像: (リンク ») ]

▼詳細はコチラ▼
(リンク »)
*資料ダウンロードには、博報堂Consulactionへの会員登録(無料)が必要です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]