編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

「EASTON(イーストン)」の最新バッティングシミュレーター「ヒットラボ」体験イベントが「マツダオールスターエクスペリエンス2016 in YOKOHAMA」に登場 !

株式会社フラッグ

From: PR TIMES

2016-07-13 11:37

~7月15日、迫力満点“横浜スタジアムでのバッティング”を体験しよう~

 アメリカ国内でトップのバットシェアを誇るベースボールブランド「EASTON(イーストン)」 を日本で展開する株式会社フラッグ(本社:東京都港区、代表取締役:藤英一)は、同ブランドの最新バッティングシミュレーター「ヒットラボ」の体験イベントを2016年7月15日(金)に横浜スタジアムで開催します。今回のイベントは、「マツダオールスターゲーム2016」の前日に開催される、プロ野球史上初となるオールスター体験型イベント「マツダオールスターエクスペリエンス2016 in YOKOHAMA」内で実施します。



[画像1: (リンク ») ]

 アメリカ西海岸発のブランドであるEASTONは、“Sports Engineering(スポーツ・エンジニアリング)”をミッションに掲げ、「野球は科学である」という考えに基づいた商品開発を80年以上に渡って続けており、今年2月には日本上陸を果たしました。

 EASTONが独自に開発した野球バッティングシミュレーター「ヒットラボ」は、まさに科学的アプローチからプレーヤーのモチベーションやスキルの向上をサポートする分析ツールです。「ヒットラボ」では、バットに取り付けたセンサーがスイングのスピードやパワーを解析してバッティングを総合的にスコアリングをしたり、メジャーリーグスタジアムで打っているかのようなボールの軌道・飛距離のシミュレーションを表示したりすることができます。ITによる客観的なデータを得ることで、自分のバッティングの強み・弱みに対する理解を深めたり、複数のバットを打ち比べながら自分に一番合ったバットを選んだりすることも可能になります。アメリカでは、「ヒットラボ」の体験イベントを年間180回行っており、子どもから大人まで多くのプレーヤーのスキルアップをサポートしています。

 既に3月より「ヒットラボ」は全国を巡るツアーを開始しています。前回実施した甲子園ではお子様から大人まで多くの方にご来場いただき、「ヒットラボ」の体験を通じてEASTONが掲げる“Sports Engineering”を体感していただきました。
 関東では初開催となる今回は、「ヒットラボ」に横浜スタジアムの情報も搭載しており、まるで“ハマスタ”で本当にバッティングをしているかのようなシミュレーションをお楽しみいただけます。

 EASTONは、今後もプレーヤー視点での商品開発と、「野球を科学する」最先端のテクノロジーで、野球をする全ての人たちをサポートしていきます。


==============================
「ヒットラボ」体験イベント概要
==============================

■日時 :  2016年7月15日(金)15:00~22:00(予定)
■会場 :  横浜スタジアム
     〒231-0022 神奈川県横浜市中区横浜公園
■参加費: 無料
      ※ただし、入場料は別途かかります。詳しくはこちらのサイトでご確認ください。
       (リンク »)
■備考  : 当日の天候により、イベント内容の変更や中止の可能性がございます。予めご了承ください。

[画像2: (リンク ») ]



==============================
「ヒットラボ」概要
==============================
EASTONが独自に開発した、野球のバッティングシミュレーターおよび分析ツール。アメリカでは、「ヒットラボ」の体験イベントを年間180回行っており、子どもから大人まで多くのプレーヤーのスキルアップをサポートしています。
[画像3: (リンク ») ]

▲バットに取り付けたセンサーがバッティングを解析し、スイングスピードやパワーを基に総合的にスコアリング。
[画像4: (リンク ») ]

▲「ヒットラボ」内に設置されたセンサーが、打球を感知しスタジアムで打っているかのようなシミュレーションと飛距離を表示。今回のイベントでは、横浜スタジアムやMLBスタジアムを選択することが可能。


==============================
ブランド・企業概要
==============================

■EASTON(イーストン)

[画像5: (リンク ») ]

アメリカ西海岸発のベースボールブランド。
“Sports Engineering”の姿勢と、プレーヤーファーストの精神で毎年、新たなテクノロジーを生み出している。バットのグリップ部分が回る独自のテクノロジー「トルク」を始めとした革新的なテクノロジーや、機能的でスタイリッシュなデザインが強い支持を得ている。アメリカ国内ではトップバットシェアを誇っている。
(リンク »)


■株式会社フラッグ
URL : (リンク »)
本社 :東京都港区北青山2-7-26 ヒューリック外苑前ビル 3F
設立 :2014年12月9日
資本金 :2510万円
従業員数:40名
代表者 :代表取締役 藤英一


ーーーーーーーーーーーーーーー
【一般の方のお問い合わせ先】
ーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社フラッグ EASTON事業部
TEL:0120-000-813 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]