英語カバーの新星!! マット・キャブ 待望のニュー英語カバーアルバム「ONGAKU 2」がiTunes先行配信スタート!!

株式会社onepeace 2016年07月22日

From PR TIMES

YouTubeにて全楽曲音源公開とオリジナルのアーティストからコメントも続々到着!!



iTunesにて本日より先行配信がスタートし、チャート初登場で、総合7位にランクインした英語カバーの新星 "マット・キャブ" のユニバーサル移籍第1弾アルバム「ONGAKU 2」。Matt CabのYouTubeチャンネルでは、全曲音源が公開された。
[動画: (リンク ») ]



「ONGAKU 2」には、auのCMでもおなじみ浦島太郎(桐谷健太)「海の声」の他、朝ドラ“花子とアン”の主題歌として大きな話題を呼んだ絢香「にじいろ」、デート~恋とはどんなものかしら~のドラマ主題歌 chay「あなたに恋をしてみました」、ドラマ“オトナ女子”の挿入歌として大ヒットしたCrystal Kay「何度でも」、秦基博「ひまわりの約束」、シェネル「Happiness」など、最新J-POPヒット曲の英語カバー12曲がラインナップされている。

[画像: (リンク ») ]

オリジナルのアーティストからもコメントが続々到着。同じ事務所の後輩でもあるMACOは「Mattが私の「LOVE」をカバーすると聞いた時は、どんなアレンジをしてくるのか、どんな風に歌い上げるのか楽しみでした。完成品を聴かせて頂いた時は、まさに「Matt節炸裂」という感じで、自然と体を横に揺らしたくなるような、心地良いサウンドとMattの優しい声にまんまとやられた~!という印象でした。私がデビュー前、洋楽カバーをYouTubeに上げていたとき、カバーというものを教えてもらったのがMattだったので、いまこうして私の曲をカバーされていることがとても嬉しいです。ぜひたくさんの人にMattのLOVEを聴いて欲しいです」とコメント。Rihwaからは「この度は「春風」のカバーをして下さりありがとうございます。カバーして頂くのは私にとって初めての事なので、マットさんに歌って頂けてとても光栄に思います。マットさんの歌声は優しくて、穏やかで、煌めいていて、聴いていると自然と笑顔になっていました。男性が歌う「春風」は、Rihwaバージョンとはまた違う景色が浮かんでくると思うので、その違いも皆様に楽しんでいただきたいです。マットさんの歌声という新しい風に乗ってこの曲が誰かの力になってゆくことを願っています。I'm looking forward to sing this song together with you someday!」と温かいコメントが寄せられた。

-------------------------------------------------------
ニューアルバム『ONGAKU 2』
iTunes先行配信中 → (リンク »)
2016年7月27日 (水) CD発売

<トラックリスト>
01 海の声
02 何度でも
03 LOVER
04 ラブソングはとまらないよ
05 Happiness
06 Love You More
07 LOVE
08 あなたに恋をしてみました
09 にじいろ
10 春風
11 THE MUSIC
12 ひまわりの約束

<マット・キャブ プロフィール>
YouTubeの総再生回数2,000万回を誇る、サンフランシスコ出身、日本在住のシンガー・ソングライター。これまでにフィーチャリングで共演したアーティストはm-flo、MACO、シェネル等多数。また、ソングライター/プロデューサーとしても積極的に活動しておりCrystal Kay、安室奈美恵、和田アキ子等、数多くのアーティストに作品を提供している。

Matt Cab オフィシャルサイト: (リンク »)
YouTube: (リンク »)
twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]