編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

“3DモデルとARの融合” VRモックアップサービス 「モケイプラス」サービス開始!

株式会社アーク情報システム

From: PR TIMES

2016-08-01 10:00

3Dデータから立体造形物を出力し、AR(拡張現実)表示を付加してお届け

株式会社アーク情報システム(東京都千代田区)は、触覚と視覚の両面から利用者に訴求する新サービス”VRモックアップサービス「モケイプラス」”の受付を8月1日より開始いたします。



「モケイプラス」は、近年普及が加速している3Dプリンタを利用した立体造形物の出力サービスに加え、その造形物にAR(拡張現実)表示を付加した“3DモデルとARの融合”サービスです。

利用者は3Dプリントの申し込みを行い、CADデータとメタデータなどをアップロードすることにより、iPhoneやiPadを利用してAR表示ができる立体造形物を手にすることができます。

また、1つの立体造形物に対し、複数のiPhoneやiPadから、それぞれ異なるAR情報を同時に表示させることが可能です。(Android端末対応は未定)[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]



お預かりしたデータは、アーク情報システム社内の高精度3Dプリンター(Stratasys社製Objet EDEN 260S)で立体造形物を出力し、同じく、社内でAR情報を造形物に付加します。

AR情報は、アーク情報システムの開発した専用のアプリを使用して、iPhoneやiPadといったモバイル端末を通して見ることができます。


立体造形物は、下記のようなモデルも作成可能です。


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

※出力の一例/硬質不透明(VeroBlue)


アーク情報システムでは、試作品を手軽に作りたい製造業や、ARを融合した展示物をご検討中の博物館、教材として活用したい教育機関等に向けて普及を展開します。


また、将来的には3Dスキャンサービスによる3Dモデルデータの作成や、数値計算データ等の可視化でVR表示を行うことも計画しています。


サービス利用の価格は、造形物のプリントに要する樹脂の量により変動します。
(例:樹脂使用量150gの造形物の場合、37500円(税別))

また、AR情報付加サービスは閲覧期間に応じて費用が変動します。
(1ヶ月1000円(税別)から)
また、長期利用契約では割引も適用致します。


【モケイプラスHP】 (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]