Oculus Rift向けVRロボット格闘ゲーム『STEEL COMBAT』を配信開始

コロプラ 2016年08月17日

From PR TIMES

オンライン対戦モードや観戦機能も搭載!開発は子会社のエイティングが担当

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、Oculus Rift(※1)向け新作VRロボット格闘ゲーム 『STEEL COMBAT』を本日8月17日(水)よりOculus Store(※2)にて配信開始致しました。



[画像1: (リンク ») ]

 『STEEL COMBAT』は、360度全方位を見渡せる仮想現実世界ならではの闘技場を舞台に、個性豊かなロボットたちを操作して戦う近未来型格闘ゲームです。プレイヤーはコントロールパッドで自律型ロボット「VR(Voluntary Ranger)」を操作し、対戦相手の体力ゲージを0にすると勝利となります。対戦中に自由に切り替えられる2つのモード(近距離戦闘モード、遠距離戦闘モード)を状況に応じて使い分けることが勝利のカギです。また、本作はインターネットに接続することで世界中のプレイヤーとも通信対戦を楽しむことができます。さらに、操作やコンボの練習ができるトレーニングモードを搭載。対戦するだけでなく、ほかのプレイヤーのバトルを最大6人まで観戦する機能も実装されています。
 本作の開発は、コロプラ子会社である株式会社エイティング(代表取締役社長:藤澤知徳、本社:東京都品川区、以下「エイティング」)が担当しています。エイティングは家庭用ゲーム機向け格闘ゲームの開発実績を豊富に持ち、開発技術力について多くの知見・ノウハウを有していることから、本作においてもVRならではの表現はもちろんのこと、 本格的な対戦格闘ゲームの醍醐味を存分に詰め込んだタイトルを実現しています。

 VRは、われわれ人類がこれまで体験したことのない新しい感動を提供するプラットフォームになると、コロプラは信じています。コロプラはグループ一丸となってVR業界を盛り上げ、世界中の人びとの日常がより楽しく、より素晴らしくなる未来を作っていきたいと考えています。

※1 米国のOculus VR社が開発した、バーチャルリアリティー体験ができるヘッドマウントディスプレイです。
※2 Oculus Rift本体よりアクセスできる、VRアプリ用のストアです。

<STEEL COMBAT 基本情報>

[画像2: (リンク ») ]

近未来を背景に個性豊かなロボットたちを操作してバトルを勝ち抜いていく本格格闘ゲームです。360度全方位を見渡せる仮想現実世界ならではの闘技場で、自律型ロボット「VR(Voluntary Ranger)」を操って敵を倒しましょう。
◆タイトル名    :STEEL COMBAT
◆価格       :39.99米ドル
◆対応機種 :Oculus Rift
◆Oculus Store紹介ページ: (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]


【株式会社コロプラ 会社概要】
社名:     株式会社コロプラ  (リンク »)
所在地:    東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立:     2008年10月1日
資本金:    63億8,424万円(2016年6月末日時点)
代表者:    代表取締役社長 馬場功淳
事業内容:   スマートフォンアプリを中心とした国内・海外向けモバイルゲームサービスの提供
VR(仮想現実)デバイス向けサービスの提供
位置情報分析コンサルティング、スマートフォン特化型リサーチ等、その他サービスの提供

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社コロプラ コーポレート統括本部 マーケティング・コミュニケーション部
パブリシティグループ 金牧・城所・高橋  (リンク »)

(C)2016 COLOPL,Inc.
※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。