スマートデバイスとの接続が可能な「SnapBridge」アプリに対応したエントリーモデル デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3400」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2016年08月23日

From PR TIMES

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D3400」を発売します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


「D3400」は、「SnapBridge」アプリとBLE(Bluetooth(R) low energy)テクノロジーにより、カメラとスマートデバイスを接続することが可能です。接続の設定は最初の1回だけで済み、撮影した写真を自動でスマートデバイスへ転送できます。カメラの電源OFF時にも、スマートデバイスとの接続状態を維持することが可能です。「D3400」で撮影したデジタル一眼レフカメラならではの高画質な写真を、スマートデバイスからSNSへすぐにアップロードできるため、写真をシェアする喜びや撮影の楽しみが大きく広がります。

また、「D3400」は、ISO100~25600の常用感度域、一回の充電で約1200コマ撮影可能な電池寿命、約395gの軽量ボディーなど、前機種「D3300」(2014年発売)からさらに進化しています。


●リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。