グローバルシードVCの500 Startups、日本向けファンドが国内でハッカソンを開催

500 Startups Japan 2016年09月29日

From PR TIMES

シリコンバレーに拠点を置くシード投資ファンド 500 Startups の日本向けファンド、500 Startups Japanは、10月8日(土)・9日(日)の2日間に渡り、都内にてハッカソンを初開催いたします。



今回のハッカソンでは、テーマ(当日発表)のもと、2人1組のチームで世界に通用するプロダクトを2日間でつくることを目指します。使用言語は問いません。最優秀に選ばれたチームは、シリコンバレーで行われる10月28日(金) のDEMO DAY(Demo-Ween)にご招待いたします。(シリコンバレーまでの渡航費と宿泊費も支給。)

500 StartupsのDEMO DAYは、世界中から数百人以上の投資家が集まる招待制のピッチイベントです。Batch18 DEMO DAYでは、4ヶ月のアクセラレーターを卒業したシードステージのスタートアップ46社によるピッチが行われる予定です。

[画像: (リンク ») ]



■開催概要
名称:500 HALLOWEEN HACKATHON
主催:500 Startups Japan
開催協力:株式会社PLANISTA、株式会社コロプラネクスト
開催日時:10月8日(土) ~ 10月9日(日) 10:00スタート
開催場所:株式会社コロプラネクスト
〒150-6011 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11階
参加条件 :
・29歳以下(イベント開催時)であること
・実際にプロダクトをつくれる方のみ(ハードウェア・ソフトウェアに関わらず、プロダクト・ウェブ/スマホアプリ開発等の経験のあるエンジニアまたはデザイナー)
・本イベントの両日程に参加可能であること
※1チーム2人までとします(個人参加も歓迎いたしますが、当日チームビルディングの時間は設けません)
参加費用:¥2,000 /人(当日回収)
審査基準:デモを必須とします。
優勝特典:10月28日(金)にシリコンバレーにて開催される、500 Startups DEMO DAYへの参加 + 渡航費 + 宿泊費(Airbnb) 支給
申込方法:特設サイト( (リンク ») )よりお申し込みください。

[表: (リンク ») ]



◆500 Startups 概要( (リンク ») )
500 Startupsは、60ヶ国1,600社以上のスタートアップへ投資する、世界で最もアクティブなシード投資ファンドです。PaypalやFounders Fundに務めたデイヴ・マクルーアにより2010年に創業されました。投資先としては、Twilio、GrabTaxi、Credit Karmaといった評価額10億ドルを超える企業や、Viki(楽天により買収)やMakerBot(同Stratasys)、Wildfire(同Google)、Sunrise(同Microsoft)といった大型M&A EXITを達成した企業が挙げられます。

◆500 Startups Japan 概要( (リンク ») )
500 Startups Japanは30百万USドル(約30億円、1ドル100円計算)の資金規模を目標とするシード投資ファンドです。「Bring Japanese Startups Global」というミッションを掲げ、1.シリコンバレーの最先端の知見とネットワークを日本に繋ぐこと、2.日本のスタートアップを世界に発信し、海外展開や資金調達を加速させること、3.500 Startupsの保有する大手スタートアップや大企業との強力なネットワークを活用し、スタートアップのM&A EXITの支援を行っていきます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]