【Marshall】フルモデリングアンプの新シリーズ『CODE』を発売

株式会社ヤマハミュージックジャパン 2016年09月30日

From PR TIMES

マーシャル社歴代のマーシャルアンプをモデリングしました

 Marshall Amplification plc(本社:イギリス、以下マーシャル社)の国内総輸入発売元である株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区)は、フルモデリングアンプの新シリーズ『CODE(コード)』を10月下旬より発売します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



▼製品情報ページ
(リンク »)

<価格と発売日>
【品名:CODE50】
■価格:オープンプライス
■発売日:10月下旬予定

【品名:CODE25】
■価格:オープンプライス
■発売日:10月下旬予定

<製品の概要と主な特長>
1.マーシャル社初のフルモデリングアンプ
『CODE』はマーシャル社としては初の試みとなるフルモデリングアンプです。オーディオソフトウェアのパイオニアであるSOFTUBE社とのコラボレーションで開発されたモデリング技術“MARSHALL SOFTUBE TECHNOLOGY”(以下、MST)を搭載し、さまざまなプリアンプ、パワーアンプ、スピーカーキャビネットを高い次元で再現しています。

2.歴代のマーシャルアンプをモデリング
『CODE』は、伝統的なマーシャルサウンドから最新のマーシャルのトーンまで、歴代のマーシャルアンプを忠実にモデリングしています。14種類のMSTプリアンプ、4種類のMSTパワーアンプ、8種類のMSTスピーカーキャビネットを備え、24種類のプロ仕様の高品質エフェクトを完備。タップテンポ対応のディレイや、スタジオ品質のリバーブも搭載しています。

3.専用アプリ「GATEWAY」(*)やパソコンとの連携により、楽しみ方が広がる
専用アプリケーション「GATEWAY」をインストールしたiOSデバイスやAndroidデバイスを使うことで、Bluetoothで『CODE』を遠隔操作したり、音楽を再生したりすることができます。将来的には、アプリ内に保存されたプリセットを他のユーザーと交換など、様々な可能性を秘めています。
またUSB経由でパソコンに接続すれば、『CODE』をDAWインターフェイスとして使用することも可能です。

<仕様>
【品名:CODE50】
■出力:50W
■スピーカーサイズ:12”
■重量(kg):13
■寸法(mm)(W×H×D):530×440×280

【品名:CODE25】
■出力:25W
■スピーカーサイズ:10”
■重量(kg):6.1
■寸法(mm)(W×H×D):350×340×215

*アプリケーション「GATEWAY」について
アプリ「GATEWAY」では、『CODE』本体のベース、ミドル、トレブル、ゲイン、ボリューム等のつまみのセッティングをコントロールするだけでなく、各セクションのボタンのオン/オフも直感的にコントロールすることができます。
そして、アプリのライブラリーに保存された100ものプリセットは、プリアンプ・パワーアンプ・スピーカーキャビネット・エフェクトそれぞれをユーザーが簡単に自分好みに編集でき、将来的には他のユーザーとのプリセット交換できる機能等も予定しています。
さらに、『CODE』のスピーカーを通してお手持ちのデバイスに保存してある曲を再生しジャムセッションすることもできます。

マーシャル「GATEWAY」はApp StoreやGoogle Playから無償でダウンロード出来ます。

[画像3: (リンク ») ]


【この件に関する一般の方のお問い合わせ先】
株式会社ヤマハミュージックジャパン
カスタマーサポート部 お客様コミュニケーションセンター
TEL 0570-056-808
受付時間 月曜~金曜 9:00~17:45 (土日・祝日・指定定休日を除く)


●プレスリリースファイル: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]