編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

【新作アプリ】本格派推理アドベンチャーゲーム「密室探偵 解 ‐KAI‐」(Google Play版)配信開始!

TROOOZE, INC.

From: PR TIMES

2016-10-05 09:35

テッペンとろうぜ!トローゼ社の「熱血ヤンキー サッカー部」に続く第2弾!今回はなんと美女助手が登場する推理アドベンチャーゲーム!

美人助手3人と密室トリックを解け!
真犯人は誰だ!超本格派推理ゲーム登場!
個性豊かな三人の美人助手があなたの手助けをする!
■Google Play: (リンク »)
■App Store: 精鋭制作中




[画像1: (リンク ») ]
TROOOZE, INC.(以下「トローゼ」)は、スマートフォン向けの"本格派推理"アドベンチャーゲーム
「密室探偵 解 ‐KAI‐」のAndroid™版をGoogle Play™で配信開始しました。
iOS版につきましては、現在精鋭制作中(11月下旬に配信予定)です。
■Google Play: (リンク »)
※原作「無限の探偵」の有料アプリをテキスト修正と分かりにくかった登場人物の名前などを改名したアドバンス版であり、無料で楽しめる推理ゲームとしてリニューアルしました。

密室探偵 解‐KAI‐はユーザーが主人公(探偵)になって殺人トリックを解決し犯人を見つけるゲームです。
現場で得た証拠と容疑者の陳述をよく見て考えてください。
必ずどこかに矛盾が存在し、その矛盾で容疑者を追及すると真実に接近することができます。

【ゲームの内容】
‐現場探索
犯人は必ず手がかりを残しています。
現場を詳しく調べると証拠を確保することができます。[画像2: (リンク ») ]

‐容疑者尋問
容疑者尋問は状況に応じて[キーワード][尋問]の2つで尋問できます。
容疑者の弱点を見つけて追及して下さい。
[画像3: (リンク ») ]

‐情報活用
探索と尋問で情報を入手します。
情報の組合せで情報同士の矛盾や関連性を探し出すことができます。
[画像4: (リンク ») ]


‐犯人特定
事件解決の最後の段階です。
殺人トリックが解けてある段階まで来ると犯人を特定し、追及することができます。
[画像5: (リンク ») ]


殺人トリックを解決し犯人を見つけだせ!
探偵になって3人の個性豊かな美人助手と協力して謎を解け!
殺人現場には必ず証拠がある!証拠を集めて容疑者を尋問しろ!
証言の矛盾を突いて事件を解決!
[画像6: (リンク ») ]

■ 簡単操作の推理アドベンチャー!
■ 個性豊かな50人以上の登場キャラクター!
■ 尋問とツッコミの緊迫なストーリー!
■ 癖のあるグラフィックとプチ旅行気分の美しい背景!
■ 多数のコスチューム、シークレットイベントなどやりこみとコレクション要素が満載!

[画像7: (リンク ») ]

☆こんな方にオススメです☆
- アドベンチャー、ストーリーがあるゲームが好き。
- 本、特に推理小説を読むのが好き。
- 独特なグラフィックと美少女が好き。

[画像8: (リンク ») ]

俺と一緒に事件の謎解きに出かけよう!
ダウンロードして早く現場に来てくれ…
解 探偵より!
■Google Play: (リンク »)
■App Store: 精鋭制作中

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]