具志堅さんって本読むんですか? トレンドニュース×KADOKAWA 読書新企画に具志堅用高さんが登場!

株式会社KADOKAWA 2016年10月05日

From PR TIMES

ニコニコカドカワ祭り2016開催記念、電子書籍特別企画 トレンドニュース×KADOKAWA 読書に関する新企画「ドクショノミライ アサヤケナノカ ユウヤケナノカ」がスタート。第1回ゲストには元ボクシング世界チャンピオン・具志堅用高さんが登場。具志堅さんからは予想を超えたパンチが飛び出します!



「このままじゃダメだ!」
KADOKAWAの電子書籍PR担当Sは頭を抱えていた。「確かに電子書籍は順調に成長をしてるといえる。だけど、このままアグラをかいて、新しい読者を獲得する努力をしなければ成長は止まってしまう……いったいどうすれば新しい読者を……」

その時、Sの目に留まったのは、つけっぱなしになっていたテレビのクイズ番組。「!」Sは閃いた。「そうだ!この人だ!絶対にこの人だったら……」

翌日早朝出社したSは猛スピードで資料をまとめ、会議で提案をする。「新しい電子書籍の企画はドクショノミライ。著名人に読書について、自分について、未来についてを語ってもらい、一般読者に電子書籍をもっと知ってもらための新企画です。」「著名人って誰を呼ぶの?」「第1弾は具志堅用高さんがいいと思います!」「具志堅さん!? ってあのボクシングの???」
[画像1: (リンク ») ]

社内で大きな反発があることを、Sは予想していた。だが、その反発はSの想像を遥かに超えたものであった。「どうして読書の企画で具志堅さんなんだ!」だが、その瞬間こそ、Sの根拠のない自信が確信に変わる瞬間であった。「この企画のスタートは、やはり具志堅さんしか有りえない!」

Sは考えうるありとあらゆるテクニックを駆使して社内を、そしてパートナーのトレンドニュースを説得し、また具志堅さんの所属事務所のマネージャーをも口説き落とした。そして、ついに東京、白井・具志堅スポーツジムにて、具志堅用高さんと対峙するのである。

「こっちはベテランの、今考えうる最高のライターを用意した。具志堅さんからどんなパンチが飛んできても、この企画の成功のため、受け止めてみせるっ!!」

まばゆいリングのような光あふれる応接室。具志堅さんはそこにいた。我々を迎えてくれたのは、具志堅さんの想像以上の笑顔である。「(油断するなっ!)」戦いのゴングが心の中で高々と鳴った。

「カーン!」

恐れを知らないベテランライターN氏が、絶妙な間合いを取りながらも具志堅さんの懐深くに飛び込み、いきなりの強烈なストレートパンチを浴びせる。

「具志堅さんって本読むんですか?」

その攻撃に対して、比類なき元世界チャンピオン・具志堅用高から発せられたのは、我々スタッフの想像を遥かに超えた破壊力を持つ必殺パンチ「黄金の左」であった……。

ニコニコカドカワ祭り2016 開催電子化書籍特別企画 トレンドニュース×KADOKAWA ドクショノミライ アサヤケナノカ ユウヤケナノカ」第1弾、ゲスト具志堅用高さんの、白熱のインタビューの模様を掲載する、「ドクショノミライ」のページはこちらから。
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

ドクショノミライ 第1弾 具志堅用高さん (リンク »)
トレンドニュース (リンク »)

ニコニコカドカワ祭り2016 電子書籍>> (リンク »)
KADOKAWA電子書籍の情報はこちら >> KADOKAWA 電子書籍 (リンク »)
電子書籍のtwitterはこちら >> (リンク »)
@KADOKAWA_denshi

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

株式会社KADOKAWA

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]