編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

データベースからWeb API を自動生成する「CData API Server」を公開

CData

From: PR TIMES

2016-10-14 11:22

10月14日、CData Software Japan 合同会社(宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、データベースからREST API を自動生成するサーバーツール「CData API Server」のベータ版を公開しました。



パブリック(公開)API、企業パートナー間および企業内部でのAPI の利用はますます拡大し、API エコノミーという拡張性の高いエコシステムが形成されつつあります。ただし、REST API をデザインし、セキュアな方法で公開し、API の管理をするには一定の知識と技術が要求され、企業のAPI エコシステム参入のボトルネックの一つとなっています。

CData Software は、業界標準となりつつあるOpenAPI ベースのREST API をプログラミング不要で公開・管理するツールを提供し、企業のAPI エコシステムを利用してのビジネスの飛躍、サービス利用者の利便性向上、企業内部のデータ連携強化による業務効率化をサポート致します。

<CData API Server 製品概要>
CData API Server は、リレーショナルデータベースを接続するだけで、フルスペックなREST API を公開することができるサーバーツールです。
[画像1: (リンク ») ]


<CData API Server の機能>

Point-and-click での設定だけでAPI 公開が可能。コーディング不要。
OpenAPI ベースのREST API を公開。ドキュメントも自動生成。
多様なDB に対応。今回公開のベータ版では、RDB のみをサポート。順次対応データベースを拡大します。


[画像2: (リンク ») ]


API マネジメント機能
SSL 暗号化、ユーザー管理、アクセス管理、レート制限、モニタリングなどエンタープライズレベルの管理機能。
Windows 版とCross-Platform Unix/Linux/Mac 版の2種類を準備。Windows 版は組み込みの独自サーバー、および、IIS に加えてAzure 上のAppService 上にもホスト可能。Cross-Platform 版では、Tomcat、JBoss、WebSphere など多くのサーバーに対応。


<利用シーン>
次のようなシーンでCData API Server が利用できます。

自社サービスのAPI をユーザーおよび外部に公開することによる、ユーザーのAPI 利用による利便性向上や、サードパーティのオープンイノベーションによる自社サービスの新しい価値の創造。
Microsoft Flow などのAPI 連携サービス、クラウドBI やデータ連携ツールでのオンプレデータの利用。
企業内のシステム間、または企業とパートナー間でのセキュアなデータ連携。


<CData API Sever の使い方>

製品をダウンロードして、インストーラーに従いインストールを行います。
(リンク »)
管理コンソールの管理者ID とパスワードを設定します。
「設定」からデータ元となるデータベースを接続します。
[画像3: (リンク ») ]


API にアクセスできるユーザーおよびREAD/WRITE などの権限を設定します。
Auth トークンが発行されます。
[画像4: (リンク ») ]


API として公開するテーブル、およびカラムを選択します。
[画像5: (リンク ») ]


API のドキュメントが同時に自動生成されます。
[画像6: (リンク ») ]


ドキュメントに表示されたURL をブラウザに入力すると、GET 結果のJSON 形式のデータが取得できます。
[画像7: (リンク ») ]


API 管理画面であるSTATUS 画面からは、ユーザー、リクエスト数をモニタリングできる他、ログを参照・取得することができます。


製品版のリリースは2016年度内を予定しています。
是非、公開ベータ版をダウンロードください。
(リンク »)


CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、WebAPI へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

[画像8: (リンク ») ]


<データソース例>
[画像9: (リンク ») ]


CData Software Japan は、今後もローカライズ製品ラインアップの拡充、データ接続関連の新製品の開発、日本向けドライバー製品の開発などにより、日本の皆さまのデータ接続に貢献して参ります。

【本件に関するお問い合わせ先】
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 兵藤
TEL: 050-5578-7390 | E-mail : press@cdata.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]