大口径望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2016年10月19日

From PR TIMES

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の大口径望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」を発売します。



[画像: (リンク ») ]


「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」は、蛍石レンズや高屈折率(HRI)レンズ、マグネシウム合金製部品の採用によって、「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」(以下「従来製品」)に比べ約110gの軽量化を達成しました。長時間の撮影において、フォトグラファーの負担を軽減し、集中力の維持に大きく寄与します。また、防塵・防滴構造に加え、埃や水滴が付着しにくく付着しても拭き取りが容易なニコン独自のフッ素コートも採用。軽量化と耐候性の組みあわせが、ハードな撮影環境においても、機動的な撮影をサポートします。

●発売概要
商品名 :「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」
希望小売価格:¥332,500(税別)
発売時期 :2016年11月11日予定

●リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。