コーリ、人工知能を活用した言語学習システムの販売を本格開始、学術的優位性が認められた、従来比の5倍の学習効率の英語学習プログラム

株式会社コーリジャパン 2016年10月20日

From PR TIMES

人工知能を活用した学習システムを開発・販売するコーリジャパン(本社:東京都港区、代表者:アルナ・イェンソン工学博士、URL: (リンク ») 、以下「コーリ」)は、2016年10月20日(木)より、法人向けプログラムの販売を本格開始します。



2015年に設立されたコーリは、テクノロジーを用いた効率的な学習法を世界に広げ、「世界中のすみずみに教育を普及させること」を目指し、現在は人工知能とクラウドを組み合わせ、時間・場所・デバイスを選ばない言語学習プログラムの開発・強化・普及に特に注力してきました。

その結果、2016年9月に人工知能を活用した言語学習システムに関する特許(特許番号第5997261号)の取得、また、先行して導入した企業の受講結果を学術的に分析したところ、従来の言語学習法に比べて5倍の効率性が有意に認められるとの結果を得るに至りました。

この結果を受け、言語学習システム「cooori」として、まずは「日本」「英語」に特化したプログラムの本格販売を開始します。

coooriの特徴は、以下のとおりです。

人工知能…個々の学習者の習熟度や学習進度に応じて、人工知能が都度それぞれの学習者に最適化されたプログラムを提示するため、ストレスなく学習を継続することができます。
クラウド型…インターネットに接続できる環境であれば、時間・場所・デバイスに制約されず学習を進めることができます。


2015年に国際ビジネスコミュニケーション協会が46ヶ国/地域を対象に実施した調査によると、日本のTOEIC平均スコアは39位で、日本人の英語運用能力は世界の中で下位にあります。一方で、多くの産業の国内市場が縮小傾向にある中、日本企業はグローバルな競争に伍していく必要があり、英語の運用能力向上は不可避と言える状況です。coooriは、まずこの課題改善への寄与を目指します。

[画像: (リンク ») ]

以上
■ コーリジャパンについて
2010年にアイスランドで設立されたCoooriehfの日本における事業拠点として2015年に設立。テクノロジーを用いた効率的な学習法を世界に広げ、「世界中のすみずみに教育を普及させること」を目指し、現在は人工知能とクラウドを組み合わせ、時間・場所・デバイスを選ばない言語学習プログラムの開発・強化・普及に特に注力している。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]