編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ネイルブック、ネイルサロン掲載数5,000店舗突破!

株式会社スピカ

From: PR TIMES

2016-11-01 08:30

~1年間で倍増!同時にネイルサロンポータルサイトを全面リニューアル~

「ネイルブック」は月間利用者が100万人を超える国内最大級のネイル情報メディアです。「ネイルブック」では2013年7月にネイルサロン情報の掲載を開始して以来、「ネイルブック」に掲載を希望するネイルサロンが増加しており2016年10月31日に5,000店舗を突破しました。特に2015年秋にオンライン予約機能を提供してから登録ペースが上がり、この1年間で倍増しています。「ネイルブック」をきっかけとしたサロンへの予約も増えていることから、5,000店舗突破と同時にネイルサロンポータルサイトとして全面リニューアルを実施しました。




株式会社スピカ(代表取締役:國府田勲)が運営するネイルサービス「ネイルブック」で2016年10月31日にネイルサロン登録数が5,000店舗突破いたしましたのでお知らせいたします。


ネイルサロン掲載数が1年間で倍増
「ネイルブック」では2013年7月にネイルサロン情報の掲載を開始して以来、「ネイルブック」に掲載を希望するネイルサロンが増加しています。特に2015年秋にオンライン予約機能を提供してから登録ペースが上がり、この1年間では2,500店舗の新規登録がありました。

[画像1: (リンク ») ]


「ネイルブック」ではネイル写真を投稿するだけで簡単に集客できる仕組みを実現し、これまで実力はあったものの集客に悩んでいたネイリストが「ネイルブック」で脚光を浴び集客に成功。そうしてカリスマとなったネイリストからクチコミで認知が広がっており、有料プロモーションや営業活動を行わずインバウンドで5,000店舗を獲得しました。

ネイルサロンポータルへと全面リニューアル
「ネイルブック」はネイル写真共有サービスとしてサービス開始しましたが、「ネイルブック」をきっかけに発生する予約が増えていることから、掲載サロン数が5,000店舗を突破したのを契機に、ネイルサロンを検索・予約しやすいサービスへと全面リニューアルしました。ユーザは「ネイルブック」で人気となっているカリスマネイリストに予約リクエストを送ることができます。

2017年中に10,000店舗到達へ
ネイルサロンの登録申し込みペースは引き続き増加傾向にあり、このペースをさらに伸ばし、2017年中に10,000店舗到達を目指しています。


ネイルサービス「ネイルブック」とは
「ネイルブック」( (リンク ») )は2011年4月にiPhoneアプリ、2014年9月Androidアプリをリリース。現在は、ネイルサロン予約サービスとしてのWEB展開も開始し、集客に悩んでいた個人経営のネイルサロンに多くご活用いただいています。
[画像2: (リンク ») ]

<3つ特徴>
1. 月間利用者数は100万人以上!
アプリ、WEBと合わせ月間100万人以上のネイル愛好者が利用しています
2. 160万枚以上の圧倒的なネイルデザイン掲載数!
ネイルデザインへのかわいい評価は約2,000万件突破
3. ネイルサロン掲載数は5,000店舗以上!
お気に入りのデザインやネイリストからネイルサロンを探して簡単にオンライン予約

株式会社スピカについて
2014年4月、株式会社ゆめみよりネイルブック事業をスピンアウトし株式会社スピカを設立。スピカは「スマートフォンを通じて、毎日がきっと楽しくなる」サービスを提供していくことをビジョンに掲げ、取り組んでいます。

会社名:株式会社スピカ(英記;Spika Inc.)
代表取締役:國府田 勲
所在地:東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル5号館1055号室
設立:2014年4月1日
事業内容:スマートフォンを使ったコンシューマ向けサービスの企画・開発・運営
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]