モリサワ Webフォントサービス「TypeSquare」でタイ文字60書体と中国語簡体字4書体を追加

モリサワ 2016年11月01日

From PR TIMES

多言語での情報発信を後押しするタイ文字と中国語簡体字が新たにWebフォントとして登場



株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel.06-6649-2151 代表)は、 Webフォントサービス「TypeSquare」で、タイ文字60書体と中国語簡体字4書体を追加することを発表します。

[画像1: (リンク ») ]


今回追加されるタイ文字は、いずれもタイを代表する書体メーカがデザインしたもので、現地のデザイン事情に合わせた太さやスタイルのバリエーションが特長です。

また、新たに加わる中国語書体「UD新ゴ 簡体字」は、すでに配信中の日本語書体「UD新ゴ」、韓国語書体「UD新ゴ ハングル」と共通のデザインコンセプトで開発された書体で、視認性を高める工夫がなされており、日英中韓の4ヶ国語表記の際にも統一したイメージの展開が可能です。

TypeSquareでは、日本語、欧文だけでなく、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ文字の提供を通じて、近年加速する多言語での情報発信を後押しします。

タイ文字(一部)

[画像2: (リンク ») ]

中国語簡体字

[画像3: (リンク ») ]


Webフォントサービス「TypeSquare」はこちら
(リンク »)


タイ文字を制作した書体メーカについて
DB Designs Co., Ltd.
企業向けのグラフィックデザインを手がける「Dear Book Co., Ltd」として設⽴され、1987年にデジタルフォントを制作したことを契機に、書体デザインを本格的に開始。1999年「DB Designs」に社名変更し、2006年よりDBブランドのフォント制作と販売をしています。

Cadson Demak Co., Ltd.
2002年、Anuthin Wongsunkakonにより設⽴されたバンコクのタイプファウンダリです。タイポグラフィーとデザインに対する愛情と、フォント産業全体の発展と現代化、そして書体の日常的利用をより浸透させるという理念を持っています。

Katatrad Aksorn Co., Ltd.
2011年設立。タイ中部のチョンブリーを拠点に、才能と書体デザインへの愛にあふれる、現地の若手2名によって運営されています。タイでは唯一となる、バンコク以外で法人化されているタイプファウンダリです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]