編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ルイスファクトリー、新規セカンダリ事業第一弾『イグドラシル戦記 ~世界樹の騎士団~』を12月1日より運営開始

株式会社メディア工房

From: PR TIMES

2016-11-01 16:00

ルイスファクトリー始動後 セカンダリ事業好発進

株式会社ルイスファクトリー(本社:東京都港区赤坂)は、本日、ファンタジーRPG『イグドラシル戦記 ~世界樹の騎士団~』を株式会社グレンジより運営を譲り受け、本年12月1日より株式会社ルイスファクトリーが運営することを発表いたします。



[画像: (リンク ») ]



9月1日に株式会社ルイスファクトリーが始動し、セカンダリ事業・運営受託獲得に積極的な体制を組むことにより、本件を発表するに至りました。

株式会社ルイスファクトリーは『心に残るゲームサービス』を目指し、今後も、運営ノウハウ、セカンダリ事業獲得のノウハウを活かし積極的にセカンダリ事業としての運営タイトルを増やしてまいります。


『イグドラシル戦記 ~世界樹の騎士団~』はスマートフォン向け「Ameba」で楽しめるゲームです。2014年4月リリース後多くのお客様に楽しんでいただいている、基本プレイ無料のアイテム課金制ゲームとなります。
多彩なジョブやスピリットによる戦略性、20vs20のリアルタイムバトルが高く評価されています。
今後もお客様がお楽しみいただける、イベント・キャンペーンなどを積極的に行っていきます。ご期待下さい。


■ゲーム概要

本作は、天樹イグドラシルを中心とする世界「アースガルズ」を舞台に、過去に栄光を収めた「聖イグドラシル騎士団」 の書記を読み解き、物語の核心を目指していくファンタジーRPGです。騎士団に所属し、仲間との協力プレイが勝利の鍵となります。
仲間とのコンボをつなげることで大きなダメージを与えることができるほか、「20vs20」の最大40人でのリアルタイムバトルが特徴です。また、派生して強力になっていく3種類の「ジョブ(職業)」や騎士団バトルで補助攻撃をしてくれる多彩な「スピリット」も魅力となっています。


■名称:『イグドラシル戦記 ~世界樹の騎士団~』

■プラットフォーム: Ameba

■価格:無料(アイテム課金)

■移管日・運営開始日:2016年12月1日より

■ジャンル:ファンタジーRPG

■公式サイト: (リンク »)

■公式Twitterアカウント: (リンク »)

※運営移管に伴うメンテナンス等はゲーム内にてお知らせいたします。


■会社概要

会社名:株式会社ルイスファクトリー

設立:2016年9月

資本金:3,000万円

事業内容:デジタルコンテンツの企画・制作・販売等

所在地:東京都港区赤坂4丁目2番6号

ウェブサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]