「ハンターヒーロー -HUNTER HERO-」ハンター牧場が大幅リニューアル!釣り池&農園エリア実装決定!

X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN株式会社 2016年11月04日

From PR TIMES

 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN株式会社は、ハンティングファンタジーMMORPG「ハンターヒーロー -HUNTER HERO-」(以下、「本作」)におきまして、11月17日(木)にアップデートを実施し、ハンター牧場に新たな2つのエリアを実装することをお知らせします。



■スローライフを楽しもう!釣り池&農園エリア実装決定!

[画像1: (リンク ») ]

 次回のアップデートにて、モンスターの飼育などができるハンター牧場に「釣り池エリア」と「農園エリア」が新しく実装されます。新エリアでは魚を釣り上げたり、農作物を育てたりすることが可能です。さらに、牧場管理人のNPCも新たに追加され、各エリアへの移動がとても便利になります。

[画像2: (リンク ») ]


●牧場でしか手に入らない特別な魚が登場する「釣り池エリア」
 「釣り池エリア」では釣り竿を使って魚釣りができます。通常フィールドでは出現しない特別な魚もいるので、お気に入りの釣り竿を装備してまだ見ぬ大物を狙いましょう!

[画像3: (リンク ») ]


●種を植え、作物育成を楽しむ「農園エリア」
「農園エリア」は野菜農園と果物農園の2つに分かれています。野菜農園では野菜が収穫できるほか、果物の種を集めることができます。果物農園では果物の種を植えることが可能で、植えた種は時間経過とともに成長していき、最大まで成長した果物は収穫できます。なお、果物の種は牧場のクエストを達成することでも入手できます。

[画像4: (リンク ») ]


●NPC「オーミ」の作る牧場料理にジュースとポーションが追加!
「釣り池エリア」と「農園エリア」で獲得したアイテムを持ってNPC「オーミ」に話しかけると、キャラクターの能力を大幅に上昇させるジュースや、攻撃時に追加の属性ダメージを与えられる今までにない効果を発揮するポーションを作成できます。

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]



[表1: (リンク ») ]



■小柄でかわいらしい竜の乗り物が登場!

[画像7: (リンク ») ]

 11月3日より、力強く羽ばたく小柄な竜「リンドブルム」がアイテムモールに新登場しました。さらに、ハンタールーレットにはキャラクターのすべての能力を上昇させる「神秘のアルティメットソウル」を始めとした神秘のソウル全種がラインナップしました。めったにないこの機会をぜひお見逃しなくご利用ください!

[画像8: (リンク ») ]



[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]



[表2: (リンク ») ]



---------------------------------
【タイトル概要】
タイトル:ハンターヒーロー -HUNTER HERO-
ジャンル:ハンティングファンタジーMMORPG
開発会社:X-LEGEND Entertainment Corp.
価格:基本プレイ無料(アイテム販売制)
コピーライト:(C)2016 X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN CO., LTD.

公式サイト: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)
公式Facebook: (リンク »)

■X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPANについて
会 社 名:X-LEGEND ENTERTAINMENT JAPAN株式会社( (リンク ») )
代 表 者:代表取締役 張 峰旗
設 立:2012年5月
事業概要 :オンラインゲーム/スマートフォン向けアプリの配信サービス、課金プラットフォームの運用
所 在 地:東京都渋谷区渋谷3-13-11 渋谷TKビル4F
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]