均等な重心バランスで高い操作性を発揮。新スウィングウェイト「セントロイド」搭載モデル好評発売中

ヨネックス株式会社 2016年11月07日

From PR TIMES

ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田草樹)は、パウダーライディングで高い浮力と操作性をもたらす新スウィングウェイト軽量化理論構造「CENTROid」(セントロイド)」搭載の2016/2017ニューモデル、「GLIDE(R)」(グライド)、「GRACE」(グレイス)、「ReUF」(リゥフ)を好評発売中です。



[画像1: (リンク ») ]


<新スウィングウェイト軽量化理論構造「CENTROid」(特許出願中)>
パウダーライディングとは水分量の少ない雪を滑走することですが、これまでのパウダーラン用の板では、雪に沈み込まないように板の前(ノーズ部)の面積を大きくするため、重量バランスが悪く操作し辛いことがありました。新理論構造「CENTROid」は、ノーズ部を軽量化し板の前後の重量配分を均等にすることで、極端な後継姿勢を取らなくてもコントロールしやすい設計としています。また、浮力を確保するために通常より長さを長くしていますが、重心バランスが均等な設計により長さを感じさせない高い操作性を発揮します。


[画像2: (リンク ») ]



「CENTROid」搭載スノーボード紹介

[画像3: (リンク ») ]


プレスリリースはこちらからダウンロードいただけます。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]