バリアングル液晶モニターを搭載し、クリエイティブな写真を簡単にシェアできるエントリーモデルデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5600」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2016年11月10日

From PR TIMES

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D5600」を発売します。



「D5600」は、自由なアングルで撮影を楽しむことができる3.2型のバリアングル液晶モニターを搭載。前機種「ニコン D5500」(2015年2月発売)で好評のタッチパネル操作機能をさらに拡充し、写真の必要な部分だけを切り取れるトリミング機能や、再生画面の切り替えを瞬時に行える「フレームアドバンスバー」を新たに追加しています。
また、上位機種「ニコン D7200」で採用されているタイムラプス動画の撮影機能を搭載し、ゆっくりと変化する雲の流れや朝焼けのシーンなど、長時間の変化を短時間に凝縮して印象的に表現することが可能です。

[画像: (リンク ») ]


●発売概要
商品名:ニコンデジタル一眼レフカメラ「D5600」
価格:オープンプライス
発売時期:2016年11月25日予定
予定生産台数:当初月産 約4万8千台
カラー:ブラック

●リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]